カテゴリ

カテゴリ:ランニング

朝ラン@カナダ・レベルストーク

カテゴリ:
IMG_1563
カナダはやっぱり湖と森のまち。バスで走ってるといっぱ〜いある。
これはレベルスポークの町のたぶん沼?池?うーん、ちっちゃい湖。沼を渡る板の散歩道。
ホテルは町の中心から離れていたのだけど、地ビールが飲みたかったので、3キロほど歩いて買いにでかけた。その際、あまりに美しかったので、翌朝ジョギングをすることにした。
IMG_1545
翌朝、ホテルの裏を回ると、こんな小道に出た。いい感じのジョギング道。
なんたって、ロッキーの山々を見ながら走るんだから!
IMG_1552
で、ちょっと暗いんだけど、画面中央に山の尾根に向かってまっすぐ上がる道、わかる?
ほかにもまっすぐ急斜面を登る道があったんで、走って登ろうかなって近づいて行くと:
IMG_1549
この看板。バイク・スキル・パーク。
多分、 MTBやシクロクロス用かな。尾根一つ、いや、山一つ、みんな、トレーニングをすることの出来るトレールみたい
IMG_1550
で、ランニングで入っちゃ行けないみたい。
IMG_1554
でも、こんな広大なトレーニング専門のパークがあるって凄いよね〜
ほんと、上の写真見ると、山一つって感じでしょ?
そういえば、 今カナディアンロッキーの山々のサイクリングツアーはMTB専門のツアーばかり。
やっぱり舗装して自然破壊はNGだよね
 

カテゴリ:
ランニングって不思議。

スピードによって、物事を考えたり考えなかったり
外を走るか室内のマシンで走るかでスピードが変わってきたり

キロ7分台でタラタラ走っていると、
次から次へと仕事のアイデアが浮かんできたりする。
でもキロ5分台とか6分台で走ると、しんどくて何も考えられない。

走る速度で、頭の回転って変わってくるのかな?

今日はジムのマシンで1時間と思ったけれど
やっぱり飽きてしまい30分。

そのかわり、キロ5分半。
外で5分半なんて、レースのときくらいしか出ない。
アドレナリンが出るからかな

代々木公園や地元横浜の緑道を走るときはアップダウンもあるし
未舗装の道で足場が悪いこともあり、頑張ってもせいぜいキロ7分

このスピードで走っていると仕事のこと、プライベートのこと、
いろんなアイディアが出てくる
オフィスでパソコンに向かっているより、効率が良い

それと、マシンで走った翌日とかに外を走ると少しスピードが上がる
足が速さを覚えるから?
誰かランニングのスピードと頭の回転の関係
説明してくれないかな・・・ 

代々木公園ラン

カテゴリ:
IMG_2182
今日は祝日だけど午後から仕事。ということで代々木公園に朝ランにでかけることにした。
代々木公園間では渋谷の仕事部屋から山手通りを北上して約2キロの距離。
事務所スタート13.5キロのデフォルトコース。
ガーミンをセットし、いざしゅっぱ〜つ。
ん?何か変。一体何が〜?

ぎょえ〜、ブラをつけ忘れてるってことに気づいた。
いくら小さいとは言え、ないとやっぱり走りづらい。
でも、ブラのゴムの部分とかが走るといつも皮膚に当たり炎症をおこすので、
今日は超薄手のアンダーをブラの下につけたまでは良かったが
その後、つけ忘れてそのままTシャツを着てしまった。

仕方なく帰って、再出発!
先週の土曜に皇居ラン25キロをした後なので足が重い!

代々木公園はよくランニングの練習会が開かれていて、中央のアスファルトの
1.7キロランニングコースが使われているのだけど
私が走るのは外周の一周3キロ弱のコース。
IMG_2183
アスファルトではなく、柔らかい土が露出していてちょっとしたトレイル気分を味わえる。
膝に優しく、足首が柔軟に使えるので、日中走るときはいつもこの外周コース。
ただ夜は根っこがでていたりするので危険。

上の写真の右側、暗い部分は明治神宮との境界線。

ところで代々木の杜は人工的に作られたものなのだとか。
よくこんなに自然に似せて作ったよね。すごい。
IMG_2184
こんなに鬱蒼としている森が代々木にあるのが不思議だったけど、
人工的に作られたと知れば何となく納得できるよね!

この外周を3周で9キロ弱&代々木〜渋谷で往復約5キロ弱
合計13.5キロ

頑張りました!
 
 

都筑緑道ジョグ 春を探しに

カテゴリ:
DSC_0910
自転車合宿から10日程経っているのに、なんだまだ足が重い。ランニングは3日以上間を空けてはいけないというけど、私はすぐに1週間、10日と空けてしまう。だから遅くなる一方なんだけど。。。
それはともかく、雪も溶けたし春を探しにいこう!ということでキャメルバッグに水をたっぷり&パワージェルを携帯して、いざ横浜都筑区の緑道へ。まずは近所の公園で、枝垂れ梅が満開!これだけでも出かけた価値があるというもの。
DSC_0897
気持ち的にはキロ8分で 3時間ジョグ!のはずが。。。ペースは8分どころか9分!!一生懸命走っているつもりなのだけれど全くペースがあがらず、足がとにかく重い。自転車合宿の
疲れが10日経った今も抜けていない。あげくには時々歩いてしまう始末。やはり加齢か。
なので無理をせず、「歩いたり、ジョグしたりの春探し散歩」に変更! 
雪の影響があったのか、3月半ばにさしかかるというのに木々の新芽はまだ固い。
DSC_0880
せせらぎ公園には何と白鷺の赤ちゃん。体長30センチくらい。あまり人を怖がらず、かわいい姿で餌をくちばしでつついている。緑道近くに住み始めて、もう14年になるけれど赤ちゃん白鷺を見たのは初めて。
DSC_0890
新芽は固いけれど、水仙やクロッカスが花をつけていた。ようやく春。重い雪によく耐えて花を咲かせたなと少しうれしくなった。
DSC_0906
春はあちこちに少しずつ。でも最も春を感じたのは、緑道に子供たちや散歩の人が増えて活気が戻ってきたこと。緑道の中は木々が風を遮ってくれるのか、それほど寒くなく日差しも穏やか。
気持ちよく2時間半ほどで結局13キロほどをジョギング&散歩して、自宅に戻った。

 

代々木公園でタヌキに遭遇。都会の公園のランニングは思いがけないものに遭遇する。。。

カテゴリ:
今日はゴルフネタで、と思っていたけれど、代々木公園ランニング中にタヌキらしきものに遭遇。
ちょっと嬉しかったので、ランニングネタにします。
 DSC_0396
都内でよく走るのが代々木公園。週末はランニングスクールなどがよく開催されていて、約1.7キロの周回コースを、キロ5分半とか、4分半とかでペース走をしている。私も何度か参加したが、一人で走る時はゆっくりペースで一番外側の土の部分を走る。1周3キロほどになるので、調整しやすい。上の写真は中央にある噴水広場から新宿方面をみた景色。ちょっとニューヨークのセントラルパークに似ていて、とても好き。
DSC_0410
上の写真は西口。代々木公園駅側になる。この反対側は明治神宮。結構アップダウンがある。
この公園にはドッグランやサイクリングコースもあるのだけれど、楽しいのはいろんな練習風景に出会えること。例えば、楽器の練習。尺八とかバイオリンとかフルートとか、あとは舞台の練習で台詞の読み合わせをしている人も多い。それを聞きながら走るのも楽しい。今日は、オペラかな、言語はわからなかったけれど、アリアを歌っている人がいた。
DSC_0567
足に負担をかけたくないので、走路には上の写真のような場所を選ぶのだけれど、からすの羽が沢山落ちていたり、あるいは、にょろにょろ君がいたりするので注意が必要(今、にょろにょろ君は冬眠中で、安心して走れる!)
DSC_0425-2
代々木公園は1964年東京オリンピックで選手村になった場所。ということで、上の写真は当時の選手宿舎。記念に残してある。この宿舎の奥は明治神宮。
今日はこの近くで、何やらタヌキめいたものに出会い、ランニングの足を止めた。私の足音で遠くに行ってしまったので、残念ながら写真は撮ったもののピンぼけ。。。明治神宮側はからすだらけで、からすたちはそのタヌキっぽい動物の食事を横取りしようとしょっちゅう、ちょっかいをだす。その度に手を上げて威嚇。ちょっとした野生の世界を垣間みた気分になった。
その後また出会えないかと公園外周を3周ほどしたけれど、結局出会えず。4周目にちょうどその動物に出会った辺りにおじさんがカメラを持っていたので、「さっき、たぬきっぽい動物を見たんですよ」と話しかけたら、「そう、タヌキは4匹いるんですよ、一匹は毛があって、もう一匹は手がなくて、あとはお尻の方に毛がないのが2匹。。。」やっぱりタヌキだったんだ。。
そういえば、ニューヨークのセントラルバークを走っていたときに、アライグマの親子に出会ったことを思い出した。それにしてもこんな都会の真ん中にタヌキっているんだな〜と。
いつまでもこんなちょっとした自然。残っていてほしいですね!

カテゴリ:
LSDの記事を投稿したばかりですが、ランニングをする拠点は都内にもいくつか。
昨夜は2020年の東京オリンピックを控え、立て替え工事が7月 から始まる国立競技場で走りました。

イベントのある時はもちろん使えませんが、普段は一般ランナーに開放されています。
スポーツクラブのように使えるメンバー契約もあるのですが、私は月に数回ペースなので、ビジターとして通っています。一回1200円。走路はトラックと外周走路、他に筋トレのできるマシンルームがあります。(走路開放スケジュール
ここでは”激走ランニング”スクールが開かれているのですが、かなりの高レベル。私など足下にも及ばないので、端っこで黙々とランニング。(参考:激走ランニングメニュー2014年1月

いつもスローペースの私にとって、国立競技場で走ることのメリットの一つが、周りから刺激をもらえること。トレーニングとしては、LSDとインターバル練習を適度に入れなければならないのだけれど、私は心臓がばくばくする練習は大嫌い。そこで追い抜かされていくうちに自然に負けん気が出て頑張ることを期待するという他力本願状態!

いつも一緒に行く友人もフルマラソンを3時間ちょっとで走る人なので2〜3周ごとに追い抜かれるし、他の人たちにもどんどん追い抜かれる。それでも気にしないでゆっくりペースで走ることが多いのだけれど、昨日はなぜか違った。。。

千葉の中学生で2020年オリンピックのランナーとして注目されている原田紋里選手の走っている姿をテレビで見て、彼女の小さな体の大きなストライドと美しさに感動したせいか、あるいは首都圏でも雪が降るかもという冷蔵庫状態の寒さでランニングを早く終わらせたかったせいか、途中からどんどんスピードが上がって、結局11キロ58分で走りきった。レースでもないのに平均してキロ5分27秒で走ったことになる。普段のキロ7.5分とはたいした違い!珍しいこともあるものだ。

国立競技場のトラックの周りの鏡に映る自分のストライドをちらっと見て、原田選手のストライドを思い出したり、後ろからどんどん近づいてくるランナーの足音に負けまいと思ったり(すぐに追い抜かされるのだけど)、、、ランニングは孤独だけど一人ではできないな〜とつくづく。

今年はマラソンには1レースもでないけれど、マイペースと非マイペースをうまく取り混ぜて、あと半年過ごせると良いな〜〜

レースに向け、ランニングを開始。横浜市都筑区の緑道をLSDで楽しみました。

カテゴリ:
半年ほど走っていなかったけれど、アイアンマン・チューリッヒに向け、年初よりランニングを開始した。例年であれば、今はランニングシーズン真っ盛りで、フルマラソンの予定も入っていたはずなのだけれど。
長期間休んでしまうと、とにかく足が重く、なかなかスピードが上がらない。それに、急に根を詰めると膝も故障しやすい。まずは、キロ7〜8分のゆっくりペースで10キロを目安にする。先週はトータルで50〜60キロほど。少し慣れてきたので、連休明けにLSD20キロを行うことにした。
LSDというのはLong Slow Distanceの略で、持久力をアップさせるトレーニング法。時速7.5キロほどのゆっくりペースで、2時間以上走るというのが目安とされている。 つまり今の私の精一杯のペースで2.5時間走る感じ。
コースは横浜の自宅に近い都筑区の緑道。沢山の公園が車の通らない緑道でつながっていて、20〜30キロのコース取りをすることが可能なので、飽きないで走ることができる。今回紹介するのは、緑道の南ルート。
DSC_0545
都筑緑道は長距離を一般車道に出なくても走れることが魅力だけれど、その他にも;
1、木が多いので暑い夏でも日陰の中を走れること。
2、舗装されていないところも多く土や砂利だったりするので、足に優しいこと。
3、いろいろな鳥に出会えること。
4、お手洗いが沢山ああり、ペーパーが必ず備え付けてあること。
5、横浜国際プールも近いので、ランニング&スイムができること。
6、適度な(かなりの?)アップダウンもあるし、測道の山に入るとトレイル・ランニングみたいに走れること。
などなど、マラソンランナーだけでなくトレランやトライアスリートにはとても魅力的な場所。 
また、仲町台辺りはおしゃれなカフェもあるので、そのまま休憩してお茶ができる。下の写真は「H1カフェ」テラスは犬も連れて入れるので、犬の散歩時にもおすすめ。他にもおしゃれなお店が緑道沿いに数件ある。 
DSC_0546
また、この近くには古民家もあって、中を見学できる。なぜか、鶏が放し飼い。。。犬とか猫とかにやられないのかな???
DSC_0562
こんなそんなで、写真とか撮りながら20キロ、2時間半弱。
さすがに最後の方は疲れてきて、キロ8分台に落ちてしまったけれど、坂もきついので仕方ない。 

月に2回ほどLSDができれば良いのだけれど。。。 

このページのトップヘ

見出し画像
×