カテゴリ

カテゴリ:登山、トレッキング

安達太良山登山〜ネルシャツはださい?〜

カテゴリ:
DSC01175
安達太良山登山〜ネルシャツはださい?〜
Video: 安達太良山登山、山頂付近は一足先に紅葉!

10月の3連休初日、友人から登山に誘われた。
山なんて,ほとんど登ったことがない。雲の上の露天風呂に憧れて登ったのが一度。そして礼文島の縦走トレッキングが一度。それだけ・・・
登山靴はとりあえずある。でも服装は?ということで、先々週軽井沢に行った際にアウトレットにColombiaが入っていたので飛び込み、店員のお兄さんの勧めにしたがい、ネルシャツと綿のパンツを買い込んだ。その他、アンダーやダウンベスト、フリースは自転車用のものを代用することにした。
しかししかし今はおしゃれな山ガールの時代。友人はネルシャツを着た私に「おばさんぽくないシャツでほっとした」と一言。おばさんっぽいって?と聞き返すと、いや赤とか黄色とかでなくて。。とのこと。言われてみれば、グレーのチェックがだが。。。
彼女もその友人もネルシャツなんて着ていなくて、CWXに可愛い短パンとかフリースもおしゃれで、自分をみてダサダサだと思ったが、今更仕方ないし、どうせおばさんだと居直ることにした。
それはともかく、山について素人の私は、ルートから全ておまかせでついて行くしかない。

DSC01178
天気予報は山専用サイトがあるらしい。友人たちは、そのサイトをこまめにチェックし、安達太良にしようとか、磐梯にしようかと、また、この登り口がいいとか、いろいろ話していた。
前夜の天気予報は磐梯山が優勢。それで八方台という登山口から登り、その後「スパアルツおおるり」でお風呂に入るということで落ち着き、眠りについた。
DSC01179
しかし...山の天気予報はコロコロ変わる。。。
当日の朝の天気予報は、磐梯山が曇りのち雨。安達太良山が曇りのち晴れに。
ただ、実際に山をみるとどちらも山頂は深い雲の中。どちらかというと磐梯山の方の空が明るい。
悩ましい。結局天気予報を信じて、安達太良山に向かうことになったが、それでも道すがら、友人たちはやっぱり磐梯山が良いのではないか、あるいは諦めて観光だけにしようかと、揺らいでいる。私は何もわからないので、完璧お任せモード。ただ、日本100名山が二つ並んでいるからこそ、こんな風に悩むんだと。
奥登山口に近づいてもやっぱり山頂は雲の中。やっぱり戻って観光に切り替えようかと意見が分かれる中、土湯トンネルを抜けたら頂上がチラチラ見え始めた。友人間では風が強いようなら引き返す、ということで話し合いが付いた。
頂上は20メートルの強風、気温も2度くらいとのことで、防寒対策を万全にして出発した。
歩き始めるとさすがに暑い。そのうち日差しも出てきて、一枚脱ぎ、二枚脱ぎ、結局夏山登山のような服装になり、その分ザックが重くなった。だから日帰り登山でもみんな大きなザックをしょっているんだと
一人納得した。
雨の後で、所々、足下はぬかるみパンツがドロドロになる。それに意外と段差があって足を大きくあげて登る。前は渋滞。まるで、トレイルランの登りの渋滞みたい。風速20メートルも木々の間の登山道は無風に近い。追い抜けるところで少しずつ前に出て進む。
DSC01174
突然目の前が開け、大きな岩の上に人がたくさんいるのが見えた。頂上だ!
ただ、遮るものがなくなったので、風をモロに受ける。吹き飛ばされそうになりながら、山頂に向かう。それほど岩が大きくないので、大勢の人が一気に登るとあふれる。最後の岩の登りで、前の人が「ここで止めましょう」と言ったので、私たちは降りてくる人を先行させ下で待つ。なるほど、こうやって慣れた人が、上であふれないように調整をしてくれているのだ。初心者ばかりだとどうしていいかわからないから、こういうのは勉強になる。
岩の上は立っていられないくらい。岩に捕まりながらとりあえず写真だけ撮って降りてきた。
帰り道は同じ道だとつまらないので、少し遠回りをする。登山靴は足首が自由にならないので、トレイルランのように行かないが、調子良く下山。
雨にも降られず、怪我もなく良かった!
岳温泉の櫟平ホテルの露天風呂に入って、帰途についた。 

その他写真
DSC01180
DSC01160
DSC01164
 

ユタ州 キャニオンランドを行く(7) Hickman Bridge, 先住民の岩絵@キャピトルリーフ国立公園

カテゴリ:
DSCN1707
ユタ州 キャニオンランドを行く(7) Hickman Bridge,  先住民の岩絵@キャピトルリーフ国立公園

午前中にサイクリング、ランチを食べてギターでゆっくりした後はバイクをホテルにおいてハイキング。キャピトルリーフ国立公園のビジターセンターから3キロほどの場所にあるHickman Bridge(ヒックマンブリッジ)、そして先住民の岩絵(Petroglyphes)を見に出かけた。トップの写真は一枚岩でできた自然の橋。すごい迫力。
DSCN1678
岩とサボテンのスイッチバックの道を上っていく
振り返ると州道24号線が眼下に見えた
DSCN1680
目の前を歩いている方が着ているのは、Race Acros America (RAAM)のチームTシャツ。すごい….出たんだ。。。RAAMはアメリカ大陸3000マイルを横断する世界一過酷と言われる自転車レース。友人5人で出たとのこと。一日600キロ近くを毎日走らないと完走できないと言っていた!!!
–ちなみに彼は経済学者で、アマゾンで調べたらたくさん著書があった。私のつたない英語が間違えているといるといつも言い直してくれた。生徒でもない外人の英語を嫌みなくさらっと直してくれる、、慣れてる、さすが、大学教授!
DSCN1685
こんな天井岩みたいのとかがあって、お茶目なメンバーが懸垂など・・・
この方、60歳をとうに回っているのだけど、左図がバイクで鍛えてる。。
DSCN1687
いわばの道を歩く。。
DSCN1697
また歩く。どこまで歩いても絶景
DSCN1699
眼下に細く見えるのはフレモント(Fremont River)川
DSCN1719
振り返ればこんな景色。
DSCN1720
DSCN1721
たっぷりハイキングした後は、すぐ近くにある先住民の岩絵(Petroglyphes)を見に。
岩肌にこんな宇宙人見たいのが。。。どうやって描いたんだろう・・・
(よく見えない場合は、クリックして拡大してみてね!)
DSCN1730
 

ユタ州 キャニオンランドを行く(9) Navajo Loop Trail (ナバホループトレイル), Bryce Canyon

カテゴリ:
DSCN1891
ユタ州 キャニオンランドを行く(9) Navajo Loop Trail (ナバホループトレイル), Bryce Canyon

当初このツアーはレイクパウエル(Lake Powell)への行程が含まれていたのだか、その辺りはずっと天候が悪く断念したために、旅程はずいぶんとゆったりとしたものになった。
サイクリング最終日、ブライスキャニオンをトレッキングした後、サイクリングのグループとザイオン国立公園でのトレッキングのグループに分かれた。私はトレッキングに参加することにした。

まずはブライスキャニオン国立公園のSunset Pointに向かう。
DSCN1853
朝日に照らされるブライスキャニオン。
DSCN1855
谷に向かって降りていくと、ナバホループトレイル(Navajo Loop Trail)というトレッキングロードに出る。下の写真はサンセットポイント(Sunset Point)から下っていったところ。
DSCN1864
DSCN1866
こんなところを歩く自分は「自分じゃないみたい」という感覚に一瞬おそわれる
それほどの現実感のなさだ。
下に降りると針葉樹がまばらに生える散策道に出る
DSCN1886
非現実の景色にメンバーの気分も高揚。「やったー!」と叫びながら降りてくる
下はナバホループトレイル(Navajo Loop Trail)の案内板
DSCN1889
自然が作り上げる造形美。
石灰岩と砂岩というもろい地層、そして風と雨が作り上げた。。ん?
でも、それだけなら地球上の他の場所にもありそうな気もしないでもない
きっと、それだけじゃないんだろうな〜
DSCN1907
 DSCN1918
このトレイルは高度さがあるので、スイッチバックのような場所も。
DSCN1871
 やっぱりどう考えても非日常の世界、いや、非日常の美しさだ

今回最も親しく話をしたお二人のスナップ
DSCN1892

以下に写真を何枚か。
DSCN1859
DSCN1852
 DSCN1891
DSCN1862
DSCN1894
DSCN1898

ユタ州 キャニオンランドを行く(10) Angeles Landing (エンジェルスランディング), Zion National Park

カテゴリ:
DSCN2017
ユタ州 キャニオンランドを行く(10) Angeles Landing (エンジェルスランディング), Zion National Park

ブライスキャニオンのナバホループを楽しんだ後は、初日サイクリングで感激したザイオン国立公園に向け出発。雲がすごい・・・
DSCN1946
道中も非現実的な景色が車窓に。すごいよな〜と独り言
DSCN1953
で、途中でマウンテンゴートの群れに遭遇。かなり珍しいことらしい。
DSCN1951
ザイオン国立公園に到着。
リチャードがアメリカでもっとも美しい景色が見られると触れ込むエンジェルスランディングのトレッキングに出発。
DSCN1964
山と山の間のちょうど低くなった部分が登山路。よ〜く見ると小さな人影が見える。
DSCN1967
すごく急なスイッチバックが続き、見下ろすと。。。こんな感じ。
(トップの写真は、登ってきた道。。。高所恐怖症は無理かも)
DSCN2007
はるか眼下にバージン川が蛇行しているのが見える。う〜ん、高い、恐ろしい。。。
DSCN1981
下の写真が、エンジェルスランディング(Angeles Landing).
Angelは天使だから、天使が着地する場所?天使はこんなにも急峻な崖に舞い降りるのか・・・ 
DSCN2028
とりあえず1時間ほどでここまで登る。
崖は直角、端っこから恐る恐る崖下を覗き込むと数百メートル下にバージン川が見える
DSCN1990
それなのに、こんなことをしているメンバー、、、怖くないのか。。
DSCN1987
で、年に何人も滑落者が出て亡くなっているので、注意を促す案内板。
DSCN1991
私も頑張って最後まで行くつもりだったが、急斜面の鎖の登りで、3〜4メートルに渡って鎖がない場所があり、足がすくんで、それ以上進めなくなった。写真はその急斜面。
DSCN1998
鎖なしでは到底無理、、、と思って戻り、他のメンバーを見送る
DSCN1995
老若男女、アメリカ人は問題なく登っていく。私は無鉄砲な方だが、やはりこの辺りは日本人か、、(だって、日本はこういう場所は必ず鎖が切れていないはずだし、それより年間に何人も死者がでていたら、登らせないかもしれない、、と思う)
仕方なく周りの絶景を楽しみながら、1時間ほどみんながトレッキングから帰ってくるのを待った。

その時の写真
DSCN2005
DSCN1994
DSCN1988

中山道、自転車と歩きの違いを実感したくて、歩いてみました(クラブツーリズム、高崎〜板鼻)

カテゴリ:
DSC01455
自転車で巡った中山道、きっと多くのものを見過ごしたに違いない。。。

実際に、自転車と歩きの違いを体感してみたくて、クラブツーリズムがやっている「中山道六十九次を歩く」というバスツアーに参加してみた。クラブツーリズムでは、約2〜3年をかけて京都三条に向かうツアーを毎年春と秋にスタートしており、その開始時期により、第◯期といったグループを作り、20〜30人で”完歩”を目指している。私が参加したのは、第29期の第14回目で、区間は高崎から板鼻宿の約10キロ。この区間は新宿発の日帰りとなるので、ランチ込み9800円と新幹線で往復して自分で行くより安いし、何より詳しいガイド付きだ。
なぜ中山道を自転車で完走したばかりなのに、徒歩での中山道に参加したかというと、自転車と徒歩の違いを実感したかったのと、自転車ツーリングで私が一体何を見過ごしたのかを知りたかったから・・・
この区間、実は前日の日本橋〜高崎間が車が多くてストレス状態だったので、つい本来のルートのちょっと左側に位置していた碓氷川サイクリングロードを走ってしまって、本来の道は所々しか走っていない区間。板鼻も板鼻宿のサインを見ながら、通過してしまった区間となる。
DSC01439
まず、バスの車内でガイディングレシーバーを渡される。海外の美術館などで、個々の陳列物の説明を聞くために借りたりするものだ。これによって、ガイドさんの説明が30メートル離れていようが100メートル離れていようが聞くことが出来る。(数人なら不要だけど、30人近い参加者が細い歩道を連なって歩くと前後100メートルくらいの行列になってしまうこともあるので、これはありがたいサービスだった)
スタートとなる高崎市の君が代橋のたもとでまず準備運動。ストレッチをしてけがを防ぐ。
参加者の90%以上は定年退職をされた年配の方々なので、これは必須かな。。。

そして、いよいよスタート!まずは君が代橋を渡る。ここからは赤城山と榛名山がよく見える、というふれこみなのだけど、この日は残念ながら天気はよいけれど霞んでいる。写真にとってもうっすらと映る程度。橋のたもとの萬日堂から、ほんの数百メートルで草津に分かれる道標に。こういう細かい道標は自転車だと簡単に見過ごしてしまうのだが。。。ゆっくりと通過することの利点だ。
PC041176
上の写真。左は草津、、とか書いてある。これが、信州街道分去れの道標。
これを過ぎてしばらく行った所に、ちょっと変わった屋根の民家が。
PC041198
ガイドさんの説明によると、典型的な上州の養蚕農家の家で、蚕を乾燥させるために屋根の部分はとても風通しがよいのだそうだ。ガイド付きツアーは不思議に思ったことを聞けるのが嬉しい。
PC041209
で、高崎はだるまの産地。ということで、こんな風にだるまを乾かしていた。。白いお化粧前のだるま。
PC041219
ところで、街道の踏切は上の写真のように「◯◯街道踏切」という看板があるとのこと。今度から注意して渡ることにしよう。(全く知らなかった・・・)
PC041214
道沿いには至る所に道祖神がある。写真はとてもかわいい双体道祖神。道祖神は悪霊や厄の侵入を防ぐとして、村の入り口などに置かれた。
PC041184
上は平安後期、前九年の役の源頼家・義家縁りの若宮八幡宮。
PC041189
上は茶屋本陣。ガイドさんの説明によると;
宿と泊は違っていたらしい。江戸の初期は、料理人を連れていて自前。これが「宿」。でも料理人を帯同するとお金がかかるので、お料理を出してもらうようになって、それが「泊」
もっというと、「泊」と「休み」「小休み」も違うのだそうだ。泊はもちろん泊り。「休み」はランチでご飯を食べる。「小休み」は休憩で茶菓。。。。う〜ん、そんな区別があったんだ・・・
PC041241
ところで中山道は、東海道を比べて京都に行く一番確実に早く行けるルートらしい。東海道は大井川など大きな川をいくつか渡らねばならず、増水で足止めを食らう可能性が高いからだとか。ということで、公武合体の象徴、皇女和宮も中山道を使って徳川家茂にお嫁入り。板鼻宿の本陣裏手の書院を宿としたときに、女性となった、つまり初潮があり、その衣類を埋めて祠(ほこら)にしたのが上の写真。ここは皇女和宮の資料館となっている。
PC041231
今回は3つのお寺に寄り道。お地蔵さんはやっぱり、かわいい。
長伝寺では、住職の方が直々に説明をしてくださり、五百羅漢の厨子を見せていただいた。これは写真では紹介できないが、小さなお仏壇ほどの見開きの箱の本体に菩薩様と十六羅漢。扉内側に見事な五百羅漢の彫刻。。。こんなものは個人で行ったら絶対に見られない。
ツアーで行くからこそだ。
DSC01453
上の写真は達磨市で有名な少林山達磨寺。東京オリンピック招致に伴い、五輪の色の達磨が。写真でも赤い達磨に混じって何か見慣れない色の達磨が・・・時代とともに達磨も変わっていくのだと。

今回のツアー、楽しかった。ガイドさんの説明もすばらしく、いろいろな不思議が解明できた。参加者とのコミュニケーションも出来たし、いろんな世界を知ることが出来た。
ただ自転車ツーリングとの違い。これは、きっと根本から違いのかもしれない。

まず、一日10キロ〜15キロ。もっと歩けると思うけど、やはり30キロくらいが限度かな・・
山の中は登山となるので、舗装された道しか行けないロードバイクより何倍も往事を偲ぶことが出来る。細かくゆっくり見て回ることができる。ロードバイクだとついバ〜〜っと進んでしまい、見るべきところを簡単に見過ごしてしまうな〜。

両方のメリット・デメリット、いろいろあるけど、両方やった感想としては、
う〜ん、やっぱり自転車がスピード感でちょっと勝ちかな、いっぱい見過ごしてしまうのが難だけど・・・下調べをきちんとしていけばある程度は見たいところを見過ごさなくてもいいかも。

そして、本当に、いや絶対に見たいという場所はゆっくり徒歩で、つまり、バイクと徒歩の折衷案というのがベストなんだろうな〜〜

数週間前の中山道ツーリングで、ゆっくり見られなかった妻籠馬籠はもう一度、徒歩でいくかな!



 

雪上の羅臼湖トレッキング

カテゴリ:
DSCN1825
知床サイクリングサポート代表の西原さんに、羅臼湖のトレッキングを案内していただいた。
知床峠を羅臼側に少し下った場所にトレッキングの入り口がある。羅臼湖までは、2キロ余。
まだかなりの雪が残っているので、長靴をお借りして、トレッキングルートではなく、雪の上を自由に進む。
DSCN1824
ハイマツ(這松、 北海道には多く育つ寒冷地の松)の回りや雪解け水が雪の下を流れている箇所は、ズボッとぬかるので、注意して進む。
DSCN1851
 振り返ると羅臼岳。美しさに言葉を失う。白樺のような木々はダケカンバとのこと。
DSCN1829
 雪の中を歩いていたら、既に雪の解けている場所に出た。この木道は昨年、ヘリコプターで木材を運び整備されたということで湿地も歩きやすい。流れる水は鏡のよう。
DSCN1845
雪と緑のコントラスト!絶景。
DSCN1834
羅臼湖に出た!向こうに見えるのは知西別岳。冬眠から目覚めたカエル達の合唱。本州のカエルの鳴き方に比べるととても優しい声で、カエルだと言われないと気づかない程。
DSCN1838
雪で湖と陸の区別がつかず、注意して雪の中を進む。
湖底の水草がはっきり見えるほどの透明度。ギリギリまで進んで、手を水に入れて冷たさを確認したい衝動に駆られるが、危険なので我慢。

知床峠が閉鎖される3時半まで戻らないと行けないので、心を残しながら羅臼湖を後にした。ゆっくりしたかったけど、残念。夏になったら、もう一度ゆっくりと訪れたい。

このページのトップヘ

見出し画像
×