タグ

タグ:キャニオンランド

ユタ州 キャニオンランドを行く(10) Angeles Landing (エンジェルスランディング), Zion National Park

カテゴリ:
DSCN2017
ユタ州 キャニオンランドを行く(10) Angeles Landing (エンジェルスランディング), Zion National Park

ブライスキャニオンのナバホループを楽しんだ後は、初日サイクリングで感激したザイオン国立公園に向け出発。雲がすごい・・・
DSCN1946
道中も非現実的な景色が車窓に。すごいよな〜と独り言
DSCN1953
で、途中でマウンテンゴートの群れに遭遇。かなり珍しいことらしい。
DSCN1951
ザイオン国立公園に到着。
リチャードがアメリカでもっとも美しい景色が見られると触れ込むエンジェルスランディングのトレッキングに出発。
DSCN1964
山と山の間のちょうど低くなった部分が登山路。よ〜く見ると小さな人影が見える。
DSCN1967
すごく急なスイッチバックが続き、見下ろすと。。。こんな感じ。
(トップの写真は、登ってきた道。。。高所恐怖症は無理かも)
DSCN2007
はるか眼下にバージン川が蛇行しているのが見える。う〜ん、高い、恐ろしい。。。
DSCN1981
下の写真が、エンジェルスランディング(Angeles Landing).
Angelは天使だから、天使が着地する場所?天使はこんなにも急峻な崖に舞い降りるのか・・・ 
DSCN2028
とりあえず1時間ほどでここまで登る。
崖は直角、端っこから恐る恐る崖下を覗き込むと数百メートル下にバージン川が見える
DSCN1990
それなのに、こんなことをしているメンバー、、、怖くないのか。。
DSCN1987
で、年に何人も滑落者が出て亡くなっているので、注意を促す案内板。
DSCN1991
私も頑張って最後まで行くつもりだったが、急斜面の鎖の登りで、3〜4メートルに渡って鎖がない場所があり、足がすくんで、それ以上進めなくなった。写真はその急斜面。
DSCN1998
鎖なしでは到底無理、、、と思って戻り、他のメンバーを見送る
DSCN1995
老若男女、アメリカ人は問題なく登っていく。私は無鉄砲な方だが、やはりこの辺りは日本人か、、(だって、日本はこういう場所は必ず鎖が切れていないはずだし、それより年間に何人も死者がでていたら、登らせないかもしれない、、と思う)
仕方なく周りの絶景を楽しみながら、1時間ほどみんながトレッキングから帰ってくるのを待った。

その時の写真
DSCN2005
DSCN1994
DSCN1988

ユタ州 キャニオンランドを行く(4) Rainbow PointからEscalanteへ

カテゴリ:
DSCN1486
ユタ州 キャニオンランドを行く(4) Rainbow PointからEscalanteへ
走行距離140キロ/獲得標高 記録なし(3)の続き(同じ日ですが写真が多いので2つに分けました)
Garmin data 詳細:
(3)でも書きましたが、途中スイッチを入れ忘れているので、距離、標高とも少なくなっています。※2012年9月に参加したツアーです。
 
ブライスキャニオンからエスカランテ(Escalante) まではユタ州道12号線をひたすら進む。12号線は全米に96カ所ある国立シーニックバイウェイの一つで、ブライスキャニオンからキャピトルリーフ国立公園を結ぶ変化に富んだ道。この日はその途中のエスカランテまで行く。
ブライスキャニオンを一気に下り、まずはランチ!
DSCN1475
自分でサンドイッチを作る。チーズとハムとトマトとピクルス。
DSCN1476
腹ごしらえをして、エスカランテに向け出発。
DSCN1480
景色はどんどん変わって行く・・・
DSCN1487
途中、可愛い馬やポニーがいたりして、、、休憩♩
DSCN1489
ひたすらまっすぐ。毎朝行程の書いてあるキューシートをもらって走るけれど、回り角はいつも3つか4つ。100キロ以上走るのに・・・
日本では考えられない(だから私でも迷わずに目的地にたどり着ける^^;)
DSCN1492
DSCN1493
この展望台まで、結構なきつ〜い坂、、、
この日はGarminのスイッチを入れ忘れ、獲得標高が実際より少ないが、
でもきっと1500メートル以上は登っている気がする・・・
DSCN1494
頂上で記念撮影!私の愛車。
DSCN1501
一気に下りて、またひたすらまっすぐ!
DSCN1505
12号線沿いにあるグランドステアケース・エスカランテ国定公園はアメリカでもっとも広大な公園。
両側に荒野が広がる。。。こんな道をひたすら走り、エスカランテに到着!!

夕食は鶏が放し飼いの庭でバーベキュー。
DSCN1507
DSCN1508
ビールは絶対外せない・・・アメリカではペールエールが一番おいしいような。
ビールの右側のごっつい人がリチャード。Cycling Escapesのオーナーさん。
DSCN1506
この生の人参、美味しいんだよね〜
DSCN1513
 今晩のホテル。このモーテル、西部劇に出てきそう!
DSCN1517
明日もがんばるぞ! 

このページのトップヘ

見出し画像
×