タグ

タグ:ツアー

ビバ!! 中国カナディアンバスツアー!

カテゴリ:
IMG_1457
カナダで参加したのは、カナディアンロッキー3泊4日バスツアー。対応言語は英語と中国語。日程が良かったし、行きたいな〜と思っていた場所をほぼ網羅するっていうことで、ポチッと予約。
対応言語が、英語中国語の順番だったんで、基本英語で中国語の説明がある程度かな〜と思って参加したのですが・・・(写真はフィリピンからカナダに移住したトラベルメイト!)
IMG_1628
ツアー初日、集合場所に行ってみると、周りはぜ〜んぶ中国人。え〜〜と思っていると、来たよ、バス。ガイドさんが明らかに中国人で、始めは英語の説明が半分程だったんだけど、日を追う毎にどんどん、英語の比率が減って行き、だ〜っと中国語が続いて、その中に英語が若干混じっている程度に。最終日には、もう英語を話してるんだか、ずっと中国語を話してるんだか分からない程に。
(写真は、氷河ツアー!)
IMG_1636
で、グループは40人くらいなんだけど、約8割が中国系のシンガポール人だったりアメリカ人だったり、台湾からの移住者だったり、留学生だったり。多くの方々は夏休みで、本国から友人や家族を呼んで、家族参加。私だけ単独参加。みんな一人の私を気遣って、一緒にご飯食べようよ〜ってテーブルに誘ってくれる。みんな優しい。なんとな〜くだけど、日本でいわれている爆買いナンチャラのイメージとはほど遠い(第一、誰も何も買ってないし。。。)
写真は中国本土からニューヨークの大学に留学してるとのことで、日本語で話しかけられてびっくり。聞いたら、大学で日本語を勉強してるらしい。理由を聞くと、日本のアニメとJ-popが好きだからと。好きな歌手は、浜崎あゆみと大塚愛。浜崎あゆみはともかく、男性ってみんな大塚愛が好きだよね〜〜で、たくさん話したので記念写真。20歳くらいの子とのツーショットは緊張する。
IMG_1674
で、びっくりしたのは、ホテルの朝ご飯とかじゃなくて、朝からバスで出かけて近隣の中華料理やさんで朝ご飯なんだよね。で、結局、全食事のうち、中華料理でなかったのは3食だけ。
ほぼバイキングなんだけど、何故か誰も飲まない。私はやっぱり夕食にアルコールがないと寂しいので必ず注文するんだけど、4日間のツアーで驚くべき事に、酒好きは私だけでした・・・
でね、最終日は何百キロもの移動。たった一カ所、途中で工場見学。
英語の知らない単語だったので、何かな〜と思っていたら・・・・
なんと、朝鮮人参!
カナダだよ、カナダ!普通だったら、メイプルシロップとか、カナダの木材を使ったアロマとか。。。
そりゃ〜あるはずだよね。。。でも、朝鮮人参! ビバ、朝鮮人参!!
写真は朝鮮人参の木。
IMG_1694
ということで、最後は好物のIPA。インディア・ペール・エール。




カナダ サイクルツーリング(4)Day 2 Chester to Newburne

カテゴリ:
DSC00080Mahone Bay

Day 2 Chester to Newburne (Mahone Bay, Lunenburgなど)
Garmin data (詳細) 距離 78k 獲得標高 680 m  平均気温17度
Video Day 2     ⬅ビデオはここをクリックしてね!

サイクリング2日目。深い霧が立ちこめている。
今日のルートは19世紀に造船で栄えた美しいMahone Bay(マホーン・ベイ)から、ユネスコの世界遺産に登録されているLunenburg(ルーネンバーグ)を経て、Newburneのキャンプサイトに向かう79キロの行程だ。

Mahone Bayで、自転車を止め写真を撮っていたら、後ろをアラン(ビデオで一番先に映っている赤いジャージの人)が手を挙げて通り過ぎた。アランは初日に「僕はメカニークなので、何かバイクトラブルがあれば相談してください。お礼はビールでお願いします」と自己紹介して、歓声を浴びた。このツーリングではバイクのサポートはないので、ありがたい。

写真を撮り終わり、そろそろ出発しようとバイクに乗ったところ前方からアランが戻ってきた。目の前のカフェでコーヒータイムにするという。私もご一緒することにした。(ビデオではアランが通り過ぎた後街のコーナーを数人がバイクで通り過ぎる場面があるが、それはコーヒーを飲みながら、ここで撮影)

アランと一緒にLunenburgまで走る。Lunenburgは1753年に英国の植民地として築かれ、造船と漁業を中心に栄えた街で、文化遺産となっているのはその旧市街だ。今日は80キロ弱と比較的短めなので、皆ゆっくりと観光をする。(Lunenburgの街は観光で訪れたので、別途報告予定)

行き交う観光馬車を見下ろしながら、10人ほどでランチ。私はサバの薫製やスモークサーモン、ニシンの酢漬けなどが載ったフィッシャーマンズ・プレートを頼む。中にはビールを頼む人も。カナダでは飲んで乗っても特におとがめはないとのこと。日本だったらジャージ姿でアルコールはかなりまずい。

ランチ後は、これもまたゆっくりとキャンプサイトのあるNewburne(ニューボーン)に向かう。
ビデオの最後の方に、「やったあ!」と両手を大きく上げる男性が映っているが、彼が前述のアラン。
何か日本語を教えてくれというので教えたのだが、「やったあ」はツアー後半にはメンバー全員がするようになる。またビデオの最後にみんなでトウモロコシをむいている場面がある。中央の若い男性がマイクでシェフ。

DSC00082Lunchをしたレストラン

DSC00083












Fisherman' plate
スモークしたサバ
スモークサーモン
ニシンの酢漬け
ムール貝
ビーツ
ケイパー
真ん中はサワークリーム




DSC00234DSC00086キャンプサイト














左はCycle Canada
のバッド












 

カナダ サイクルツーリング(2)Day 0

カテゴリ:
Day 0 Halifax  集合 3時間のオリエンテーション・ミーティング
 DSC00875
食事のあと、大学に戻る。遠く、ハリファックスの町が見える
Video Day 0  ⬅ビデオはここをクリックしてね!

集合場所となったのは、ハリファックス郊外にある Mount St. Vincent Univ. の宿泊施設。
ここは学生のいない夏の間、一般に宿舎として提供される。朝ご飯がついて一泊40カナダドルほど。安いから、部屋にお手洗いもバスルームもなし。お手洗いにも鍵がついているので、夜中に寝ぼけて鍵を持たずにお手洗いにいくと部屋にもお手洗いにも行けない。。。ということになる。(それだけでも緊張!)

この大学のホールで、参加者全員の顔合わせと打ち合わせが行われた。

参加者は20名。後で聞いた話だが、このツアーは今年1月時点で既に定員一杯となっていたとのこと。私は直前のキャンセルで滑り込めたようだ。カナダ人がほとんどで、後はアメリカ人。アジアからは私一人だ。
今回もまたnativeのただ中、英語で苦労しそう・・・
自己紹介の後別途手を挙げて、全員にhearingに問題があるので何度か聞き返すかもしれないが許してほしい旨、伝えた。

オリエンでは、ここ数年で発生した自転車事故やコヨーテに教われた女性の話などを例に挙げ、ツーリング時やキャンプ場で注意点が話された。クマの侵入を防ぐために、テント内には食べ物を一切持ち込まないこと、匂いのするものは歯磨き粉でさえ危険と聞いて驚いた。あとMooseという巨大なシカとスカンクに注意するように言われたが、一体どう注意したのが良いのかわからない。。。

オリエンの後、みんなで食事に出かけた。
ビデオに収めてあるが、いつもながら食事は量が多い。サラダであのボリューム。

さてさて、どんな2週間になることか。




 

このページのトップヘ

見出し画像
×