タグ

タグ:トライアスロン

ランニング・フォーム、足が流れる?

カテゴリ:
DSC_0761
トップの写真が、なぜかMIZUNOロゴ入りクッキー、突っ込まないでくださいね。
 
国立競技場の立て替えに伴い、いよいよ走路が3月末で閉鎖する。3月半ば以降は、ももクロ、ラルクアンシェル、そしてAKB48 とコンサートが続き、実質上走れるのは3月半ばまで。皇居もランナーであふれる中、今後は一体どこで走ったら良いのか、非常に残念。 

国立競技場には週に一度通っているが、シリアスランナーが多い。その中で私のようにゆっくり走る人は珍しいのか、昨年ラン後のストレッチをしているときに、近くにいた男性が「足が流れている。その分ロスになる。練習としては階段を上り下りするとよい」 と、全く唐突に突然に話しかけてきた。過去に何度かそういう指摘を受けたが、自分としては足を流している意識はなかったため、実際どうして良いかわからなかった。

階段>腿上げと連想して、それ以降は出来るだけ腿を上げて走るように心がけた。 
不思議なことにそうやって走ると、自然と足の回転が速くなる。自分では速く走る気持ちは一切ないのに、なぜかタイムは上がる。。。だいたい元々遅すぎる(キロ、7分ほど)ので、それほど速くはないけれど、それでもキロ5分半ほどになる。今日も2週間ぶり(このペースでレースに出られるのか・・・)だったので、最初はゆっくりキロ6分40秒でスタート。 12キロ走ったが、ビルドアップのように徐々にスピードが上がり、最後の1キロは5分10秒でフィニッシュした。

私は素人なので、なぜ腿に気持ちを集中して上げるように走ると速くなるのか、そのメカニズムはわからない。終わったあとでストレッチをしていたら、以前「足が流れる」と指摘してくださった方が目の前にいて、「走り方がとても良くなった」とほめてくださった。「コーチ」ですか?と尋ねたら、◯◯大学のコーチだと答え、荷物の中から、トップの写真のMIZUNOのロゴ入りを取り出して、私の方に差し出した。◯◯大学は大学駅伝で有名だ。

だから、見知らぬ私にもアドバイスをしてくださったんだな〜とようやく納得した。これまで足が流れるといくら指摘されてもどうしてよいのかわからなかったのに、「階段の上り下りを練習するといいよ」の一言で、体のどこに集中したらよいか何となく分かった気がした。

こんな出会いもまたランニングの楽しみかもしれない。 

カテゴリ:
トライアスロンってきくと、え〜っ3種目〜!一日でするの〜とか、超ハードだよね〜!とか、概して、そんなアホなことよくやるわ〜〜〜的な反応が一般的。

オリンピックの種目(オリンピックディスタンス)は、スイム1.5キロ。バイク(自転車)40キロ。ラン10キロのトータル51.5キロ。ミドルは距離が約2倍で、スイム2キロ、バイク80キロで、ランがハーフマラソン。そしてロングがそのまた約2倍。スイムが3.8キロ。バイク180キロ。そして最後にフルマラソンの42.195キロ。距離だけ聞くと、このような反応は最もなのだけれど・・・

よくそんなことやるね?と聞かれて、私はいつも「一日中、ゆっくり体を動かしてるだけだよ〜」と答える。合意してくれる人は、多くはないけれど、実は本当にそうなんです。
だって100%文科系で育ってきた私が、50の手習いよろしくやっているのですから!!

私がトライアスロンに出会ったのは、45歳くらいのとき。
大分にゴルフに行った帰りの飛行機の機内誌で、トライアスロン参戦期の記事を読み、それまで運動を全くしていなかったにも関わらず、何かしてみたいかも。。。と無謀にも思ってしまった。ちょうど下の娘も大学受験が終わり、いよいよ子育ても終了。仕事もある程度軌道に乗っていたころだったので、何かを始めたいと心のどこかで思っていたのかもしれない。

家に帰り、ネットで近所のトライアスロン同好会を探し、練習会に参加させてもらった。第一回目の練習会は、ランニング30分のあと、プールでスイム1.5時間。

自慢じゃないけれど小学校時代体育の成績は「2」だったし、中学・高校時代も美術部と茶道部に在籍していたので、運動なんかそれまで一切したことがなかった。スイムだって、高校のときに25メートルを泳がなければ卒業させてもらえなかったので、補習授業で何とか泳いだだけ・・・という始末。
結果、突然の運動に体が付いていかず、練習会翌日には両足が腫れて、病院にいったら肉離れですという診断。普通10分で歩ける所を30分くらいかけながらカニのように横歩きで何とか通勤した。

それから少しずつゆっくりマイペース。辛くなったらお休みするというON&OFFを繰り返しながら、気がつくといつの間にか、アイアンマンというブランドレースに参戦するようになっていた。

決して速くはない。ゆっくりと自分のペースをキープしながら、一日中からだを動かし続ける感覚。ペース配分もまず制限時間から、各種目を何時間でクリアすれば完走できるのかという逆計算。タイムを追求するなんて、とんでもない!心拍数を上げないようにゆっくりと一日を楽しむ。
それでもゴールをした時の達成感がたまらない。

そして何よりも友達が増えた。
一緒に泳ぎ、一緒に走り、そして一緒に飲む。かけがえのない時間。

トライアスロンを始めていなかったら、いや、機内誌で参戦期を読まなかったら、決して知らなかった世界。

年齢も高くなったので、そろそろやめようかなと毎年思う。
でも何かやっぱりやめるのが惜しくて、今年もアイアンマン・チューリッヒに参加する。

来年はどうしているだろう。いよいよリタイヤ?
それともまた何かのレースにエントリーしているのかな・・・

カテゴリ:
久しぶりの、というか、私のブログ史上2回目のトライアストンネタです。
先ほど、アイアンマン・チューリッヒを申し込んでしまいました〜
それにしても高い。参加費だけで729スイスフラン。パスタパーティもアワードパーティの金額も入っていない。日本円だと、いくら? 7〜8万??いつも思うけど、フルマラソンの参加費は高くても1万なので、トライアスロンは本当に高い。

アイアンマンレースは、スイム3.8キロ。バイク180キロ。最後にフルマラソンの42.195キロ。これを一日でやる。タイムリミットは大会によって違うけれど16時間くらい。スイム・バイク・ランというのは、恐らく死ぬ確率が高い順番なんじゃないかと思う。これまで、参加した大会で、亡くなった方が出たのは佐渡とか宮古島とか。。。いずれもスイムだった。大破したバイクを見て、一体乗っていた人はどうなったのかと心配したことはあるけれど、私が参加したレースにおいて、バイクで亡くなった人が出たというのは記憶はない。

過去に出たアイアンマンは2010年にアイアンマン・ニース(フランス)。2012年はアイアンマン・ランザローテ(スペイン・カナリー諸島)。そして、今年3月にアイアンマン・ニュージーランド。いずれも何とか完走。今年8月のアイアンマン・ジャパン(洞爺湖)は申し込んだものの、7月に突然ランニングが出来なくなって欠場 した。 

実は今年は6月以降いろいろあって未だにスイムはこの半年で皆無。ランニングはトータルしても、100キロに満たない。。。バイクはサイクリング程度。もうレースは無理かもしれない。。。と思う。
実際、毎年出ているフルマラソンに今年はエントリーしていない。こんなことはこの10年余りで初めて。
もう年なのでやめた方がいいかとも思う。その反面、今エントリーしなければ、もうレースに復帰することはない気がするので、未練もある。

これまでは仕事が忙しい時でも、月に150キロ以上のランと400キロ以上のバイクをやり、レース前になると、それでは足らないので、ゴルフの後で自宅まで33キロ程を走って帰ったりとかして、友達にゴルフを準備運動にしないでください!とか言われながらも、なんとかやってきた。。。

あ〜あ、申し込んじゃった・・というのが今の正直な気持ちだけれど、これから頑張るぞ〜という気持ちに何とか持って行きたい。
無理はしないで、自分を追い込まないで、楽しく淡々とトレーニングができるといいな〜。

さてさて来年はどんな年になるのかな???

このページのトップヘ

見出し画像
×