タグ

タグ:トレッキング

雪上の羅臼湖トレッキング

カテゴリ:
DSCN1825
知床サイクリングサポート代表の西原さんに、羅臼湖のトレッキングを案内していただいた。
知床峠を羅臼側に少し下った場所にトレッキングの入り口がある。羅臼湖までは、2キロ余。
まだかなりの雪が残っているので、長靴をお借りして、トレッキングルートではなく、雪の上を自由に進む。
DSCN1824
ハイマツ(這松、 北海道には多く育つ寒冷地の松)の回りや雪解け水が雪の下を流れている箇所は、ズボッとぬかるので、注意して進む。
DSCN1851
 振り返ると羅臼岳。美しさに言葉を失う。白樺のような木々はダケカンバとのこと。
DSCN1829
 雪の中を歩いていたら、既に雪の解けている場所に出た。この木道は昨年、ヘリコプターで木材を運び整備されたということで湿地も歩きやすい。流れる水は鏡のよう。
DSCN1845
雪と緑のコントラスト!絶景。
DSCN1834
羅臼湖に出た!向こうに見えるのは知西別岳。冬眠から目覚めたカエル達の合唱。本州のカエルの鳴き方に比べるととても優しい声で、カエルだと言われないと気づかない程。
DSCN1838
雪で湖と陸の区別がつかず、注意して雪の中を進む。
湖底の水草がはっきり見えるほどの透明度。ギリギリまで進んで、手を水に入れて冷たさを確認したい衝動に駆られるが、危険なので我慢。

知床峠が閉鎖される3時半まで戻らないと行けないので、心を残しながら羅臼湖を後にした。ゆっくりしたかったけど、残念。夏になったら、もう一度ゆっくりと訪れたい。

ユタ州 キャニオンランドを行く(10) Angeles Landing (エンジェルスランディング), Zion National Park

カテゴリ:
DSCN2017
ユタ州 キャニオンランドを行く(10) Angeles Landing (エンジェルスランディング), Zion National Park

ブライスキャニオンのナバホループを楽しんだ後は、初日サイクリングで感激したザイオン国立公園に向け出発。雲がすごい・・・
DSCN1946
道中も非現実的な景色が車窓に。すごいよな〜と独り言
DSCN1953
で、途中でマウンテンゴートの群れに遭遇。かなり珍しいことらしい。
DSCN1951
ザイオン国立公園に到着。
リチャードがアメリカでもっとも美しい景色が見られると触れ込むエンジェルスランディングのトレッキングに出発。
DSCN1964
山と山の間のちょうど低くなった部分が登山路。よ〜く見ると小さな人影が見える。
DSCN1967
すごく急なスイッチバックが続き、見下ろすと。。。こんな感じ。
(トップの写真は、登ってきた道。。。高所恐怖症は無理かも)
DSCN2007
はるか眼下にバージン川が蛇行しているのが見える。う〜ん、高い、恐ろしい。。。
DSCN1981
下の写真が、エンジェルスランディング(Angeles Landing).
Angelは天使だから、天使が着地する場所?天使はこんなにも急峻な崖に舞い降りるのか・・・ 
DSCN2028
とりあえず1時間ほどでここまで登る。
崖は直角、端っこから恐る恐る崖下を覗き込むと数百メートル下にバージン川が見える
DSCN1990
それなのに、こんなことをしているメンバー、、、怖くないのか。。
DSCN1987
で、年に何人も滑落者が出て亡くなっているので、注意を促す案内板。
DSCN1991
私も頑張って最後まで行くつもりだったが、急斜面の鎖の登りで、3〜4メートルに渡って鎖がない場所があり、足がすくんで、それ以上進めなくなった。写真はその急斜面。
DSCN1998
鎖なしでは到底無理、、、と思って戻り、他のメンバーを見送る
DSCN1995
老若男女、アメリカ人は問題なく登っていく。私は無鉄砲な方だが、やはりこの辺りは日本人か、、(だって、日本はこういう場所は必ず鎖が切れていないはずだし、それより年間に何人も死者がでていたら、登らせないかもしれない、、と思う)
仕方なく周りの絶景を楽しみながら、1時間ほどみんながトレッキングから帰ってくるのを待った。

その時の写真
DSCN2005
DSCN1994
DSCN1988

このページのトップヘ

見出し画像
×