タグ

タグ:ランニング

代々木公園ラン

カテゴリ:
IMG_2182
今日は祝日だけど午後から仕事。ということで代々木公園に朝ランにでかけることにした。
代々木公園間では渋谷の仕事部屋から山手通りを北上して約2キロの距離。
事務所スタート13.5キロのデフォルトコース。
ガーミンをセットし、いざしゅっぱ〜つ。
ん?何か変。一体何が〜?

ぎょえ〜、ブラをつけ忘れてるってことに気づいた。
いくら小さいとは言え、ないとやっぱり走りづらい。
でも、ブラのゴムの部分とかが走るといつも皮膚に当たり炎症をおこすので、
今日は超薄手のアンダーをブラの下につけたまでは良かったが
その後、つけ忘れてそのままTシャツを着てしまった。

仕方なく帰って、再出発!
先週の土曜に皇居ラン25キロをした後なので足が重い!

代々木公園はよくランニングの練習会が開かれていて、中央のアスファルトの
1.7キロランニングコースが使われているのだけど
私が走るのは外周の一周3キロ弱のコース。
IMG_2183
アスファルトではなく、柔らかい土が露出していてちょっとしたトレイル気分を味わえる。
膝に優しく、足首が柔軟に使えるので、日中走るときはいつもこの外周コース。
ただ夜は根っこがでていたりするので危険。

上の写真の右側、暗い部分は明治神宮との境界線。

ところで代々木の杜は人工的に作られたものなのだとか。
よくこんなに自然に似せて作ったよね。すごい。
IMG_2184
こんなに鬱蒼としている森が代々木にあるのが不思議だったけど、
人工的に作られたと知れば何となく納得できるよね!

この外周を3周で9キロ弱&代々木〜渋谷で往復約5キロ弱
合計13.5キロ

頑張りました!
 
 

ランニング・フォーム、足が流れる?

カテゴリ:
DSC_0761
トップの写真が、なぜかMIZUNOロゴ入りクッキー、突っ込まないでくださいね。
 
国立競技場の立て替えに伴い、いよいよ走路が3月末で閉鎖する。3月半ば以降は、ももクロ、ラルクアンシェル、そしてAKB48 とコンサートが続き、実質上走れるのは3月半ばまで。皇居もランナーであふれる中、今後は一体どこで走ったら良いのか、非常に残念。 

国立競技場には週に一度通っているが、シリアスランナーが多い。その中で私のようにゆっくり走る人は珍しいのか、昨年ラン後のストレッチをしているときに、近くにいた男性が「足が流れている。その分ロスになる。練習としては階段を上り下りするとよい」 と、全く唐突に突然に話しかけてきた。過去に何度かそういう指摘を受けたが、自分としては足を流している意識はなかったため、実際どうして良いかわからなかった。

階段>腿上げと連想して、それ以降は出来るだけ腿を上げて走るように心がけた。 
不思議なことにそうやって走ると、自然と足の回転が速くなる。自分では速く走る気持ちは一切ないのに、なぜかタイムは上がる。。。だいたい元々遅すぎる(キロ、7分ほど)ので、それほど速くはないけれど、それでもキロ5分半ほどになる。今日も2週間ぶり(このペースでレースに出られるのか・・・)だったので、最初はゆっくりキロ6分40秒でスタート。 12キロ走ったが、ビルドアップのように徐々にスピードが上がり、最後の1キロは5分10秒でフィニッシュした。

私は素人なので、なぜ腿に気持ちを集中して上げるように走ると速くなるのか、そのメカニズムはわからない。終わったあとでストレッチをしていたら、以前「足が流れる」と指摘してくださった方が目の前にいて、「走り方がとても良くなった」とほめてくださった。「コーチ」ですか?と尋ねたら、◯◯大学のコーチだと答え、荷物の中から、トップの写真のMIZUNOのロゴ入りを取り出して、私の方に差し出した。◯◯大学は大学駅伝で有名だ。

だから、見知らぬ私にもアドバイスをしてくださったんだな〜とようやく納得した。これまで足が流れるといくら指摘されてもどうしてよいのかわからなかったのに、「階段の上り下りを練習するといいよ」の一言で、体のどこに集中したらよいか何となく分かった気がした。

こんな出会いもまたランニングの楽しみかもしれない。 

このページのトップヘ

見出し画像
×