タグ

タグ:ルーネンバーグ

カナダ サイクルツーリング番外編 ハリファックスの魅力満載!

カテゴリ:
DSC00585
カナダ サイクルツーリング番外編! ハリファックスの魅力をたっぷり伝えます

8月に参加したサイクルツーリングはハリファックス集合。
えっ、ハリファックスってどこだ??まずそこから始まった。昔サミットがあったかも。。。
地図で検索したら、カナダの大西洋側。はじめはNova Scotiaをノバ・スコシアなんて読めもしなかった。え〜!ここまで行くの、大変そう。
格安航空券を検索したら、バンクーバ経由はたか〜い。安いのは米国の航空会社でシカゴとかワシントンDCとか、、、とにかく遠い。だから、到着したときは「ハルバル来たよ〜!」って感じだった。
(トップの写真は、Garrison Brewing Co.の試飲のビア・タブ。美味しかった^^v)
さて、ハリファックス滞在中いろいろ散策したり、アウティングに参加したりしたので、ビデオを中心に紹介します。(主なビデオ収録内容:ハリファックス市街、タイタニック墓所、ハイキング、ルーネンバーグ、ホエールウオッチング、そして車椅子の人が自力で簡単に乗れる優れものバスなど)

1, Halifax 市街 1 、 Halifax 市街 2 、Titanic Grave Site⬅Videoはここをクリック(3本)
ハリファックスは港を中心に栄えた美しい町。ビデオには港を行き来する船や観光船、前述のGarrison Brewingの店内、教会やシタデルなどを収録しています。また、タイタニック号の事故現場から近いので、惨事には多くのハリファックス市民が救助にあたったとのことで、亡くなられた方のお墓もあります。お墓は弓状になっていて、船の形を表しています。名前のない番号だけのお墓は身元の分からなかったひとのものだそうです。

2, Gaff Point Hiking Trail ⬅Videoはここをクリック
カナディアン・コーストを散策。波が引くとき、小石がラタラタと立てる音や荒々しい海岸線。
ガイドさんが説明してくれた食べられる茸、インディアン・パイプ。形はパイプそのまま。
ノバ・スコーシアは湖が多く、海岸脇まで迫っていることも。なので、海を見ながら、子供たちは波のない湖でボート遊びをするとか、、、日本ではあまり見かけない風景です。岩の合間にひっそりと咲く小さな草花も収録しました。波の音や風の音を聞いていただくため、音声は未編集です。

3, Halifax Outing ⬅Videoはここをクリック
潮の満ち引きの激しい海岸。潮が引いた海岸は海藻や貝がたくさん。干満差は多いところで10メートル以上とのこと。ファーマーズマーケットでは地元ミュージシャンによるコンサートが開かれ、市場の中はパンや毛糸(!)、お菓子、韓国の巻き寿司、ジュースなんでもあり。野菜や果物のおしゃれな盛りつけに注目!。ジャンボロブスターは手の大きさと比べてみて!
また高い木の上にはコンドルの巣があって、コンドルの姿が。その後、ピクニックランチ。そして、ビニヤードへ。盛りだくだんの一日でした。
DSC00034
ファーマーズマーケットで毛糸をうっていたすてきなお姉さん!

4, Lunenburg (ルーネンバーグ)⬅Videoはここをクリック
世界遺産になっている町、ルーネンバーグ。サイクリングのページでも報告しましたが、この日は晴れていて美しかったので、別途レポートします。
町の中はカラフルな家と音楽が溢れています。日曜だったこともあり、あちこちで音楽祭が開かれ、見ていると、凄いクラッシックカーが駐車。現役で動いている!コーナーにあったモントリオール銀行には1907年の文字が。こちらも現役の銀行!
また水族館もあったので可愛い魚を収録。そして併設されているレストランで海を見ながらビール!最高。

5, クジラに出会えなかったWhale Watching ⬅Videoはここをクリック
今回の旅行でちょっと残念だったのは、ホエールウオッチングに行ったのにクジラに出会えなかったこと。出会えなくても料金は返してくれない。そのせいか、途中でロブスターを出してみたり、カモメに餌をあげたり、がっかり感をできるだけ少なくしようという努力は涙ぐましい。
ただ、クジラに出会えなくても、海から眺めるノバ・スコーシアの海岸線は最高。こちらをぜひ堪能してください。
DSC00027

6, 車いすでバスに乗る!⬅Videoはここをクリック
ハリファックス散策中、車いすでバスに乗る光景に出くわした。介助の人は不要。なぜって、バスから補助版のようなものがバタンと下りてきて、自力で乗車。優れものバス!うまく説明できないので、ビデオを見てね!日本でもこんなバス、あったらいいのに!

7, ハリファックス町中のゴミ箱!
DSC00587

これは番外編の番外編。何だかとてもいい感じだったので。

8, コンビニない。。。ビール買えない
ついでに。。。今や世界中にあるコンビニがカナダにはない。。何が困るかって、ビールが買えない。私は毎晩飲みたい方なので、スーパーを探して買っていたが、スーパーも市内にはなかなかなく、困った。(まあ、飲み過ぎなくてよかったという面もあるが。。。)

カナダ サイクルツーリング(4)Day 2 Chester to Newburne

カテゴリ:
DSC00080Mahone Bay

Day 2 Chester to Newburne (Mahone Bay, Lunenburgなど)
Garmin data (詳細) 距離 78k 獲得標高 680 m  平均気温17度
Video Day 2     ⬅ビデオはここをクリックしてね!

サイクリング2日目。深い霧が立ちこめている。
今日のルートは19世紀に造船で栄えた美しいMahone Bay(マホーン・ベイ)から、ユネスコの世界遺産に登録されているLunenburg(ルーネンバーグ)を経て、Newburneのキャンプサイトに向かう79キロの行程だ。

Mahone Bayで、自転車を止め写真を撮っていたら、後ろをアラン(ビデオで一番先に映っている赤いジャージの人)が手を挙げて通り過ぎた。アランは初日に「僕はメカニークなので、何かバイクトラブルがあれば相談してください。お礼はビールでお願いします」と自己紹介して、歓声を浴びた。このツーリングではバイクのサポートはないので、ありがたい。

写真を撮り終わり、そろそろ出発しようとバイクに乗ったところ前方からアランが戻ってきた。目の前のカフェでコーヒータイムにするという。私もご一緒することにした。(ビデオではアランが通り過ぎた後街のコーナーを数人がバイクで通り過ぎる場面があるが、それはコーヒーを飲みながら、ここで撮影)

アランと一緒にLunenburgまで走る。Lunenburgは1753年に英国の植民地として築かれ、造船と漁業を中心に栄えた街で、文化遺産となっているのはその旧市街だ。今日は80キロ弱と比較的短めなので、皆ゆっくりと観光をする。(Lunenburgの街は観光で訪れたので、別途報告予定)

行き交う観光馬車を見下ろしながら、10人ほどでランチ。私はサバの薫製やスモークサーモン、ニシンの酢漬けなどが載ったフィッシャーマンズ・プレートを頼む。中にはビールを頼む人も。カナダでは飲んで乗っても特におとがめはないとのこと。日本だったらジャージ姿でアルコールはかなりまずい。

ランチ後は、これもまたゆっくりとキャンプサイトのあるNewburne(ニューボーン)に向かう。
ビデオの最後の方に、「やったあ!」と両手を大きく上げる男性が映っているが、彼が前述のアラン。
何か日本語を教えてくれというので教えたのだが、「やったあ」はツアー後半にはメンバー全員がするようになる。またビデオの最後にみんなでトウモロコシをむいている場面がある。中央の若い男性がマイクでシェフ。

DSC00082Lunchをしたレストラン

DSC00083












Fisherman' plate
スモークしたサバ
スモークサーモン
ニシンの酢漬け
ムール貝
ビーツ
ケイパー
真ん中はサワークリーム




DSC00234DSC00086キャンプサイト














左はCycle Canada
のバッド












 

このページのトップヘ

見出し画像
×