タグ

タグ:ロードバイク

横浜おのぼりさんサイクリングを催行しました!

カテゴリ:
IMG_2435
10月4日は横浜おのぼりさんサイクリングを催行しました。
渋谷を出発して、おのぼりさんよろしく、新横浜の日産スタジアムに始まり
みなとみらい、港の見える丘公園 と回るものですが、この日帰りサイクリングには 
実は別の目的があるのです。
というのも、幕張メッセで行われる サイクルモードの百哩走大王のブースで
この何年か、女性のためのロングライド相談員をしているのですが、その中で
多いのが、「買ってはみたものの、怖くて道路を走れない・・・」というお悩み。

渋谷〜横浜は、どのルートを使っても、渋滞や大きな道路を回避する事はできません。
なので、前後でしっかりサポートをして、急がず、ゆっくり無理をせず、
路駐の車の追い越しとかも練習しながら、横浜まで行って帰って来れれば、
大きな自信となり、自転車ライフの今後の大きなステップになるに違いないと思ったのです。

そんなこんなで、今日はこの横浜おのぼりさんサイクリング第一回目でした。
参加して下さったのは、前日に野川サイクリングに来てくださったMさんと
まだ自転車を4月に始めたばかりのMMさん(え、ダブルMって言わないでね・・・)
DSCN3394
まずは日曜の朝で比較的空いている駒沢通りへ。それから、二子玉川辺りで住宅街の中へ
DSCN3403
丸子川沿いに気持ちよく走って丸子橋に
DSCN3419
良い笑顔! 丸子橋から中原街道は都筑区のニュータウンに差し掛かるとちょっと登り。
MMさんはブロンプトンなので、ちょっと苦戦。でもほら見事、日産スタジアムに到着!

DSCN3436
ここで記念撮影です! せっかく来たものね!
DSCN3439
ここからは一路、みなとみらいへ
IMG_2456
そして新港Parkでランチタイム。背景はレインボーブリッジです
IMG_2428
公園内は押さないと行けないので・・・
IMG_2433
きれいですよね〜(トップに据えた写真です!で、みんないい顔してるでしょ!)
IMG_2435
ここからは港の見える丘公園。急坂があるので、押して登りました。
お天気がよいので、本当に美しい自転車散歩日和です。
DSCN3451
観光が終わったら、中華街を抜けて、一気に渋谷を目指します!
全行程、76キロ。あとで聞いたら、MMさんは今年4月の同窓会で自転車の
話を聞き、ブロンプトンを注文、5月に届いて、乗り始めたばかりとのこと。
お年は70代です。いやはや、すごい方だなあとただただ驚嘆です。
途中リタイヤかもということで、後半は、いつでもリタイヤ出来るように、
東横線沿線を走りましたが、まったく、お疲れの様子もなく、最後まで
完走されました!!



 

女性&シニアスポーツ自転車応援企画が始動です!

IMG_2167
9月始めに導入した女性・シニアのスポーツ自転車応援企画。
19日に申し込んでくれたのは、何と私が前に働いてた会社のサイクリング部の女性2名!
ステップ1とステップ2の同時受講!って、
ん? 待ってよ、ステップ1は、ロードやMTB、ミニベロとかの中から好きなスポーツ自転車を選んでもらい、まずは自分のイメージにあうか確認してもらう、というもの。
事前に確認したら、全然乗ってないので、ストレッチからお願いします〜と。
IMG_2161
で、これ!  そうよね、ストレッチは基本です

で、次は要望にお応えして、前後のホイールの付け外しの練習。
前輪は楽だけど後輪はなかなか一番外側の小さいギヤに載せれない・・・
IMG_2163
私はいつも逆さにしないで入れるので、そのやり方をしてみる。そっちの方がベターかな!

で、まずはライディング姿勢を見ようと私自身の自転車をセッティング。
あ、そっか、私のはビンディングだ。。。で、じゃあとビンディングでないデローザをセット。
・・・フレームが大きすぎて、脚が届かない・・・
そうか、、、やっぱり持ってきていただいたご自分のバイクじゃないと無理よね〜
お客様のローラー台でクイックが痛むと嫌だなと思ったのだけど、ローラー台用のの
替えてあげればいいんだ・・・ここまで気づくのに10分程試行錯誤。
やはり初回だといろいろあるね。知り合いで良かった〜
IMG_2164
Nさんは、買った時に怖い〜〜と思い、シートポストをぎりぎりカットしてもらい
サドルを一番低くしてもらったとの事。これではハンドルと身体が離れ過ぎだし、苦しそう。
それで、一気に3センチ程も上げてみました。ほら、この通り、満面の笑顔〜
逆にSさんは、ちょっと高すぎてちょっと違和感。で、ほんの少しだけサドルを下げて
2人とも、股関節から回しやすくなったし、力も楽に入れられるようになったとのこと。

ちゃんとしたフィッティングなら、サドルだけでなくステムやクランク、ハンドル幅なんかも
影響してくるので、かならずプロにお願いした方が良いのだけれど、ちょっとサドルを
上げ下げしただけでも、乗り心地がぐっと変わる。

参加者が増えて、ヤマメの学校や藤下さんにスクールをお願いできるようになるとよいな〜〜〜!
IMG_2222
そして、ライディング前チェックで、ちゃんとブレーキを確認。
絶対忘れちゃだめだものね!がたつきをチェックして、代々木公園へ!

で、サイクリングの様子はこんな感じで!


いい感じでしょ!
等々力渓谷って都心にあるとは信じられない程、緑が濃い。シクロのレースみたいに
ちょっとだけ、バイクを担いで降りてみました。
IMG_2186
ところで、洗足池公園に勝海舟のお墓があるって知ってた? びっくり。
で、お彼岸だし、お参り!
IMG_2221
柿の実がなってて、、久しぶりに見て嬉しくてパシッ。

IMG_2210IMG_2206
公園巡りは、途中、交通量の多い大きな道路を繋いで行かなくてはならないので、
かなり気を使うけれど、やっぱり、公園サイクリングはいい!
IMG_2223
IMG_2172
駒沢オリンピック公園。
IMG_2184
おつかれ様でした〜〜




中山道、行ってみようか・・・

カテゴリ:
DSC00013
以前からバイクで走ってみたかった中山道。来週は少し天気が持ちそうなので、明日から行こうかな。。。と思う。山と渓谷社が出版している「中山道を歩く旅」を参考に、ルートラボでルートを編集。ガーミンに転送して、それを参考に走る予定。
ただ、バイクはロード。シクロバイクが欲しかったが、女性用の良いサイズのバイクに巡り会えず、今回はロードで全ての荷物を携帯していくことにした。
DSC00010
フロントバックは、防水性のオルトリーブ。サドルバックは大きめのトピーク。PCを持っていくので、それはトレイルランニング用のザックに入れて担ぐことにした。それにしても重い。
ロードバイク自体は軽いので、ちょっとふらふらする。大丈夫かな?!
写真やビデオを撮りながら、また観光もしたいので、標高や距離を考慮して、一日につき、50キロ〜140キロほど走るように設定した。
さてさて、どうなることやら・・・

ルートは以下の通り;
名称GPS作成日一覧への表示編集削除
中山道 彦根〜京都三条2013-11-07 12:39:15公開中×0編集削除
中山道 恵那〜彦根2013-11-07 12:04:42公開中×0編集削除
中山道 長野県奈良井民宿しまだ〜恵那2013-11-07 09:36:02公開中×0編集削除
中山道 長野県民宿みや〜奈良井民宿しまだ2013-11-06 12:38:09公開中×0編集削除
中山道 高崎〜長野県長和町民宿みや2013-11-06 00:32:34公開中×0編集削除
中山道 日本橋〜高崎2013-11-05 23:03:44公開中×0編集削除





カナダ サイクルツーリング(1)背景と概要

カテゴリ:
20130912_133630
長期で休みをとることになった。こんな機会は滅多にあるものじゃない!
8月~9月に行ける場所をと検索して、たまたま巡り合ったのが、Cycle Canadaというサイト。2週間、キャンプをしながら、サイクリングをするというものだ。サイクリングは昨年ユタ州のCanyonlandsを回っているので、初めてではないが、キャンプは生まれてこの方、したことがない。
私にとってはかなりハードルが高いが、一念発起。清水の舞台から飛び降りる気持ちで申し込んだ。
参加したのは、サイクルツーリング(オンロード)では25年の実績のあるCycle Canadaというカナダの企画会社のツーリングです。
Cycle Canadaはカナダ全国で様々なツアーを企画していて、最大のツアーは77日間かけてカナダを西から東まで走るトランスカナダ。

私が参加したTour Atlanticは、2週間かけてカナダ東部のアトランティック・カナダと呼ばれる地域を回るもので、全行程は1336キロメートル、一日平均110キロ。
Nova Scotia(ノヴァ・スコシア)州、Halifax(ハリファックス)を出発し、Peggy's Cove(ペギーズ・コーブ)や世界遺産のLunenburg(ルーネンバーグ)といった観光地を巡りながら南下。Digby(ディグビー)からフェリーでNew Brunswick(ニュー・ブランズウィック)に渡る。(地図
潮の逆流現象(Tidal Bore タイダル・ボーア)の見られるMoncton(モンクトン)を経て北上。そこから、Confederation Bridge(コンフェデレーションブリッジ)を経由し、日本でも赤毛のアンでおなじみのPrince Edward Islandに渡り、さらに、フェリーでCape Breton(ケープ・ブレトン)に向かい、北米で最も美しいとされるCabot Trail(カボット・トレール)を走り、Baddeck(バデック)が最終目的地となる。(ちょっとわかりにくくて、ごめんなさい)

日ごとの行程は以下の通り;
Day 0 Halifax  集合 3時間のオリエンテーション・ミーティング
Day 1 Halifax to Chester ( Peggy's cope など)112キロ
Day 2 Chester to Newburne (Mahone Bay, Lunenburgなど)79キロ
Day 3 Newburne to Digby (the Bay of Fundyなど)144キロ
Day 4 Digby to Saint John (フェリー)12キロ(Reversing Fallsなど)
Day 5 Saint John to Sussex (Riverview drive など)91キロ
Day 6 Sussex to Moncton (Fundy National Park, Hopewell Rocks Tidesなど)125キロ
Day 7 Moncton to Murray Beach (The Big Lobsterなど)88キロ
Day 8 Murray Beach to Charlottetown (Confederation Bridgeなど) 78キロ
Day 9 Charlottetown, Rest day (赤毛のアンツアー)
Day 10 Charlottetown to Lower Barney's River (フェリー、Cape Bretonへ)115キロ
Day 11 Lower Barney's River to Linwood (Cape Geroge Pont, Antigonishなど)120キロ
Day 12 Linwood to Cheticamp (Cape Breton Highland National Parkなど) 163キロ
Day 13 Cheticamp to Dingwall (Cabot Trail) 73キロ
Day 14 Dingwall to Baddeck (Cabot Trail) 136キロ

Total 1336 Km 
Average 110 km

このページのトップヘ

見出し画像
×