タグ

タグ:恵那

中山道(6) あな、恐ろしや、中山道かえで街道!!  恵那〜彦根約140キロ

カテゴリ:
DSC00232
中山道(6) あな、恐ろしや、中山道かえで街道!!  恵那〜彦根約143キロ 
ルートラボ(ご参考):走行距離 予定走行距離:143.9キロ 上り:1076 m 下り:1223 m
Garmin data: (電池切れのため、最後の10キロほどは入っていませんが・・・)

昨夜の宿はルートイン恵那。前日にお洗濯ができなかったので、到着し次第お洗濯したい。でもそうすると着替えが一切ない。。。裸で夕ご飯に行けないと思っていたところ、ホテル内に居酒屋。部屋のスリッパと部屋着で入ってもいいという。凄い!とても恥ずかしかったけれど背に腹は変えられない、、ということで、さっそく洗濯。結局夕食に行くまでに乾燥まで済ませたので、部屋着で行かなくてもよくなったが、手荷物を制限している今回の旅行では、こういうのは有り難い。

さて、今日は今回のツーリング最長の143キロ。色々観光してなので、10時間以上かかる。ということで、7時半には出発した。
DSC00229
出発してしばらく19号を走った後、左に。上の写真のような田園地帯を走り、気持ちいい。
8キロ程行ったところで、ナビがオフコースを宣言。あれっと思って地図を見ていたら、近所の方が出て来てどこに行くのと聞いてくれた。中山道を行きたい、と言ったら、上を見上げて、「ほら、あっちに小学校が見えるでしょう。中山道はあの上よ。でも凄い坂よ!」と教えてくれた。見上げれば上の方に小学校。「ありがとうございます。手で押して行きます」とお礼を言い、来た道を戻り、狭い路地をクネクネ行きながら、小学校を目指す。 ところが凄い坂。登れない。。。まさか本当に降りて自転車を押すなんて思っても見なかった。自慢じゃないが、国内は麦草峠や乗鞍、今回は和田峠なども問題なく 登っているのに。。。これまで登った中で一番辛かった。
DSC00238
上の写真は登って来た道を見下ろしたもの。写真だとよく分からないが、ストレートな上り。恐らく15%以上。ガーミンの画面は「中山道かえで街道」と表示している。言われてみればかえでが美しい(トップの写真はかえで街道)。
DSC00241
この街道は県道65号。恵那から瑞浪を経由して可児郡御嵩町まで行くルート。
DSC00242
登りきれば、最高のサイクリングルート。上の写真は民家。拡大しないと分からないが、軒先には干し柿を干してある。こんな素敵な家々が並んでいたり、いのししが今にも現れそうな道をひたすら走る。国道21号に出たときには、とても名残惜しい気持ちでいっぱいになる。ぜひともまた走ってみたい(もちろん、最初の数キロ以外!!)
DSC00246
美濃路に入ると、中山道の面影を残す家が少なくなる。上は御嵩宿。
DSC00248
上の写真は道標。「左 多治見及犬山 右 太田渡を経て岐阜市 」こんなの、いいなあ〜〜
DSC00249
さて、太田宿に差し掛かる。しばらく中山道だと知らなければ全くわからない道を走って来たが、ここで中山道の雰囲気が一気に。
DSC00256
太田宿のお休みどころとなっている「吉田屋住宅」中を見れるようになっている。休憩することもできるし、お手洗いもある。 旅人ノートが置いてあって、何か書いて行くように言われて記帳した。
DSC00262
太田宿を過ぎると再び国道21号に。木曽川を左に見ながら進む。景色は良いが、路肩が少ないので、トラックには要注意。
DSC00263
 加納宿で出会った中山道歩きのご夫婦。今日は美江寺まで行き、それから名古屋に帰るのだとのこと。歩くなら、やっぱり一人より二人が良い!!この辺りになるとほとんど中山道らしくない道なので、やっぱり歩いている人がいるんだ〜と、つい、話しかけてしまった。。。
各務原で、ふと横をみるとサイクルショップが。日本橋を出発してから、一度も空気を入れてないことを思い出し、お店に入って空気入れを借りる。お店の名前は、「OGIUE CYCLE」。今日関ヶ原を超えると話したら、どこの道だろう、と聞かれたので、山と渓谷社のガイドブックを取り出して説明したら、21号で行かない方法があるんですね〜と。とても楽しく歓談させていただいた上に、ジェルまでいただいた。ありがとうございました!
DSC00266
 河渡(ごうど、、、読めないよね??)、美江寺(みえじ)を経て、和宮記念公園のある小簾(おず)紅園に。この頃から、太陽の位置が気になり始める。一体、日のあるうちに関ヶ原を超えられるのだろうか。。。赤坂宿を過ぎ、垂井宿でボトルゲージが緩んでいるのに気づき、閉め直す。ほっといたら、がたがた道でボトルごと飛んで行きかねない。(実は沖縄でトンネル走行中、ボトルごと飛んで行ったが真っ暗だったこととトラックがビュンビュンくるので回収を諦めたことがある。。。)ねじを締めていたら、目の前の家の中から男性が出ていらした。どこ行くのと聞かれ、あと1時間くらいで関ヶ原を超えたいと答えたら、「時計をちらと見て、「う〜ん、難しいね。。。ここからは登りだし。。。」とのこと。そうだよな〜〜
DSC00270
程なく、関ヶ原。上の写真は関ヶ原の松並木。しかし、ここから長いんだよな〜〜
DSC00276
関ヶ原はさすがに見所が多い。至る所に上の写真のような標識がある。見たいけど、、、我慢する。
次回はもっとゆっくり来るぞ〜〜!!
DSC00278とにかく先を急ぐ。今須宿を過ぎて、岐阜県と滋賀県の県境に差し掛かった。
ここは寝物語の里。う?何かなと思ったら、国境なのに溝を一本隔てただけなので、隣国の人と寝ながらでも話ができたから、、、とか。言われてみればそうかも。
DSC00281
恵那から御嵩まで、中山道かえで街道を走ったが、滋賀にもあった。こちらは漢字の楓街道。でも「かえで街道」の方が勝ちかな!!
DSC00285

しかし、いろんな宿場町があるとつくづく思った。柏原宿は本当にきれいに整備されていた。
下の写真は、柏原宿で出会った少年。卓球部に入っている中学一年生。もうすぐ期末試験で、友人5人と秘密の会議をしてきた帰りだとか。クラブのこと、試験のこと、お父さんと行くと必ず当たるビンゴのこと、たくさん話してくれた。写真を撮っても良い?と聞くと恥ずかしそうに横顔だけ撮らせてくれた。
DSC00288
もうこの頃は夕闇がせまり、時間との戦い(それなのに、長々と中学生とだべってどうーすんの!)
この辺りまでは、まだガーミンの画面が見えていたので、宿場町添いの道をナビしてくれていたが、暗くなるとそれも無理。宿場町に寄らずに幹線道路を走るしかない。これで、最後と思って立ち寄ったのが、下の写真の宿場町。
DSC00290
写真だと明るく見えるが、本当はかなり暗い。家々の前にこんな川?用水??がある。ここで地図を確認していたら、またどこに行くの?と話しかけられた。「彦根の積もりなんだけど暗くなったのでこの辺に民宿があれば泊まりたいんだけど、」と答えたら、「待って、この先に民宿があるはず」と言って、目の前の民家に行って、何やら会話。顔を出して、「うん、その民宿はもうやめちゃったみたい」と。
しかし本当に親切であったかいなと感激。お礼を言った後、ここの宿場は何というところですか?と聞いたら、「さめがい」と。漢字では「醒井」と書くらしい。
残念ながら、タイムリミット。ここからは暗くてもう宿場町は走れない。諦めて、国道21号に出る。そして、国道8号に左折。程なく米原、そして彦根の予約したホテル。
あ〜あ、それにしてもまた、たくさんの宿場町をスキップしてしまった・・・残念!

 

中山道(5) 意外ときつい妻籠峠 奈良井宿〜恵那 約90キロ

カテゴリ:
DSC00181
中山道(5) 意外ときつい妻籠峠 奈良井宿〜恵那 約90キロ
ルートラボ:奈良井宿〜恵那
Garmin data: (木曽福島〜恵那 途中スターと押し忘れあり)

今日はルート作成時から一番懸念していた新鳥居トンネルを通過する日。トンネルは2キロ弱。そんなに長い距離を暗い換気の悪いところを通ると考えてとても憂鬱になり、タクシーで行こうかとさえ考えていた場所だ。宿のおかみさんは、鳥居峠はどうですか?そちらで行かれる方もありますよ。。とのこと。部屋に帰ってネットで調べても道はない。地図に乗っていないということは舗装していない道なのではないか。。。幸い宿泊した民宿は奈良井駅の近く。輪行という手もある、、とそこまで考えて、昨夜は眠りについた。
下の写真は奈良井宿の民宿「しまだ」。とても趣のある。泊まった部屋は左側の明かりの着いていない部屋。サッシではなく開けるとすぐ外!。ちょっと寒いけど、街道がよく見える。
DSC00159
6時起床。外を見ると小雪がちらついている。遠くの山は白くてよく見えない。一気に戦意喪失。
隣の駅の藪原まで行けば、新鳥居トンネルは回避できる。よし、輪行で行こうと決心する。
朝ご飯は7時半。8時40分の中津川行き各停に乗ることにする。
DSC00168
荷物をできるだけ少なくしたいと思い、緊急用に出発前に購入したパンダーニの手のひらサイズの輪行袋が役に立った。アバウトな大きさなので、サドルバックもフロントバックも装着したまま、カバーをかけることが出来た。手提げひもはなく、直接サドルと前輪を持つ。肩にかけるのは結構辛いので、サドルと前輪を直に持つ方が楽に感じた。
さて、藪原までと思ったが、昨日の和田峠越えの精神的ダメージがきつかったこと、朝から雪がちらついていたこと、朝ご飯が遅かったこと等などで自走にこだわらず木曽福島まで、電車で行くことにした。(う〜ん、軟弱!)もともと今日の行程は、奈良井から恵那までの90キロ超。奈良井から木曽福島を輪行することで10〜20キロの短縮となる。
DSC00179
上の写真は木曽福島。結構アップダウンがきつくて自転車で回るのは難儀だな〜と思う。
DSC00189
木曽路を回ると時間が止まっているように感じる。歴史的な建造物のある場所は日本中たくさんある。名所化して、一カ所に集めて、観光客に見せる。言わば、機能としては死んでいる。ただ見せるだけ。
でも中山道の宿場町の古い家々は未だ現役。多くの方々が実際に住んでいる。泊めていただいた民宿もそう。 あちこちに沸き清水があるが、そこに住む人たちの大切な水。そんなのが凄いと感じる。(写真は上松)
DSC00192
上松を過ぎると、ナビが突然狭い路地を曲がるように指示する。見ると1.5メートル幅くらいの路地。それも70~80メートルしかないのに、50メートルくらい下る。仕方ないので、諦めてバイクから降りて下る。
突き当たった場所に寝覚の床があった(写真上)。以前来たのは高校生の頃、懐かしい。
DSC00203
恵那までは基本、19号を走る。宿場町ごとに19号から外れるが、結局19号に戻る。上の写真はちょっと外れた狭い県道からの写真。川の水の色が深いエメラルドグリーン、水が澄んでいて川底がはっきり見える。19号はトラックがビュンビュン飛ばす危険な国道なので、目的地へは回り道になるのだが、喜んで測道に外れる。
DSC00209
上の写真の左側の道路が19号。私はその上の測道から写真を撮っている。
下の写真は妻籠宿。
DSC00211
妻籠から馬籠までは、とても素敵なウオーキングルート。日本人だけでなく、外国人も多く歩いている。
DSC00214
上の写真は妻籠から馬籠へと至る道。残念なことに、ロードバイクでは行けないので涙を飲んで諦める。マウンテンバイクなら登れるのかな??
DSC00217
私の心づもりでは、今日のルートは下り基調。登りは中津川の手前に一つ、程度の認識だった。
妻籠峠もきっと塩尻峠程度だろうと。甘かった。
妻籠から峠まで7キロの表示。確か和田峠もそんなものか。。登りはじめからいきなりきつい。コーナー内側ごとにスタンディングでようやく登る。和田峠よりきつく感じるのは、一日の終わりの坂だからか、それとも覚悟が出来ていなかったからか・・・おまけにみぞれが降ってきて、道は暗くなる。ヘロヘロになる。また今日も日が落ちてから恵那到着だ。あ〜あ、なかなか思うように物事は進まない、、と諦める。
やっとのこと峠の頂上に。みぞれは激しくなる。ここから4キロ程下れば馬籠。馬籠の手前で少しだけ登りがあり、馬籠峠と書いてある。ん?妻籠峠からだと全く峠じゃない、、と思って気づいた。そうか、逆の方向から登ってくれば、妻籠ではなく馬籠が頂上。だから、馬籠峠なんだと勝手に解釈する。
DSC00223
馬籠に着いて、ちょっと歩こうかと思ったが、石の道&急降下。諦める。今度絶対にバイクを置いて、歩きに来よう!!
馬籠から一気に下り。寒い。凍える。(確か昨日も凍えたな・・・)DSC00226
降りきったところで、美しい川。遠景に赤い橋が見えて美しい。
中津川から恵那までは15キロ程。既に4時半を回っている。やはり今日も日が暮れての到着だ・・・
明日は彦根まで140キロ以上。一体何時に到着するのだろう・・・・

 

このページのトップヘ

見出し画像
×