タグ

タグ:雨

5/5 西伊豆センチュリー (アロハバイクトリップ)

カテゴリ:
DSCN1779
5/5 西伊豆センチュリー (アロハバイクトリップ)
ルートラボ: 走行距離 96キロ 高度上昇値 1245 m  高度下降値 1263 m

天気予報では午後からは確実に雨。おまけに朝方に比較的大きな地震で起こされ、睡眠不足。
同じ沼津のホテルに参加者が何名が泊まっていて、朝ご飯の時に会ったら約半数の人がバイクジャージを着ていない。今日は走りますか?参加しないで帰りましょうか?なんて会話をしながら、朝ご飯。
その中の一人が、アロハさんの方でもルートを短縮するとか何らかの考慮をしてくださるのでは!と言ったので、「うん、それはそうかもしれない!」と、地震で自宅に戻らなくてはならなくなった1名を除いて、全員がバイクジャージに着替えて、とりあえず沼津駅の集合場所に行くことにした。
駅前に行くとアロハバイクトリップ代表の河村さんが、雨は午前中は持ちそうなので、とりあえず出発して、様子を見ながら引き返すとかルートを変更するとかしましょう、と挨拶。
今日だけ参加する人はそのためだけに遠路から集まってきているので、集合していきなり中止というのはあり得ない・・・
DSCN1782
西伊豆センチュリーは結構アップダウンがきつい。約165キロで獲得標高は2700メートルにもなる。一昨年に参加した時は、ヒーヒー言いながら走った記憶があるが、今回はきっと半分で終わるから楽なはず!
DSCN1783
西伊豆センチュリーは右にずっと駿河湾を見て走る。空の色が曇っているので海もずっと鉛色。
それでも沿道の花々や山の緑に勇気づけられる。
2度目の休憩を取った戸田港で雨が降り始めた。そこで、戸田峠を経て修善寺を回って沼津に帰るルートに変更になった。
DSCN1790
戸田峠と聞いて、何人かがざわざわした。10キロ程で700メートル登る峠だという声が聞こえた。さらに、10%超えの坂が4キロ続くとか・・・そんな声も聞こえた。うそ・・と思いながらも、ここからではもう帰るにも帰れない。走らない訳にはいかない。。。
雨は降ったり止んだりを繰り返している。雨がきつくなって雨具を着たかと思えば、すぐに止んで今度は暑くなって脱ぐ、、の繰り返し。
上の写真は坂の中腹で撮ったもの。平らな場所が全くない。ずっと上り。ストレートな上り。結局ここでも一番最後かブービーで戸田峠に到着。みんなが雨の中、待っていてくれた。寒いのに申し訳ない!
峠を少し下ってランチ。温かいスープが体にしみる。雨はどんどん激しくなる。今度は修善寺まで一気に下る。路面が濡れているので、急坂はかなり危険。慣れていないと恐怖心が先に立って難しい。上りは1人しかリタイヤが出なかったのに、ここで2人リタイヤ。
雨で写真を撮ることもできず、ここからは写真なし。寒さに震えながらひたすら走る。景色を見る余裕もなし。やっぱり参加すべきでなかったか・・・それでも無事全員3時頃までには全員ゴールの沼津に帰り着いた。
やっぱり雨の日は、トライアスロンのレースでない限り、遠慮したい。。。

カテゴリ:
昨夜宿に着くと、明日は雨ですよと民宿のご主人。えっ、そんなはずは・・・前日に調べた時は2日間とも晴れだったのに。雨具は全て宮崎のホテルに置いてきてしまった。

仕方なく翌朝起きた時の天気と天気予報によって3つのオプションを考えた。
1、宮崎直帰。起きたときに雨が降っていたら、民宿の近所の温泉でゆっくりして、そのまま電車で宮崎に帰る。
2、桜島ルート。桜島まで行ってフェリーで鹿児島に渡り電車で宮崎に帰る。
3、開聞岳ルート。大隅半島を南下して根占(ねじめ)まで行き、フェリーで指宿に渡り、
a, 雨が降ってきたら、温泉に入って電車で宮崎に帰る。
b, 降ってなければ、更に鹿児島まで走って、鹿児島から電車で宮崎に帰る。

さて翌日 起きると雨は降っていない。朝ご飯のときにテレビで天気予報を確認したら、大隅半島に殆ど雲がなく、薩摩半島の北にちょっとだけ雲がかかっていて、曇り時々雨で降水量は1ミリ以下。ということはオプション3かな。6時半に食事。7時過ぎに民宿を出発した。これなら60〜70キロ先の根占までは3〜4時間ほどで何とか行けるはず。国道220号を鹿屋(かのや)まで走り、海岸に出たら国道269号を南大隅町まで南下するルートになる。万が一11時発のフェリーに間に合わなくても南大隅町をもう少し南下して景色を楽しめばいい。
しかし、走り始めるとすぐに雨が降り始めた。。。それも時間と共にかなり激しくなっていった。
ウィンドブレーカはすぐにびしょびしょになって腕に張り付いて気持ち悪い。前日にグローブを片方なくしてしまったので、手袋なしだとハンドルに巻いたバーテープが滑る。ただ幸いなことに20度以上あるので、寒くは感じない。
鹿屋にさしかかった辺りで、交差点が青だったので停まらず(当然!)に直進したら、 後ろから軽トラがどんどん幅寄せしてきて、そのまま左に曲がり、自転車の前に立ちはだかった、というのが正しいのか、私を巻き込んだというのが正しいのか、とにかくとっさのことで何が何だかよくわからない。ただスローモーションみたいに巻き込まれていく。私は大声であーっ、あーっと叫びながら、右手で軽トラの横を何度ももがくように押して、自分の体を軽トラから離そうとする。何度かもがくうちに軽トラは前に進み、私は支えるものを失って転倒した。ラッキーなことに後ろから車は来ていない。痛くてしばらく起き上がれない。何とかやっと体を起こしたら、軽トラからおばあさんが降りてきた。
私は大声で「私は直進してたんですよ!なんで突っ込んできたんですかー下手したら大けがか死んでますよ」と怒鳴る。怒鳴りながら体がわなわなと震えた。 
おばあさんはよく分かっていないのか「気をつけてね」なんて私に言う。直進している私に気づかず左折して巻き込んだのは自分の方なのに。 私が再度「私は直進してたんですよ」というと、私も直進しようととおばあさんが言いかける。
ということは直進するつもりで急に気が変わって左折したのか・・・ワイパーの端っこの雨粒で私が見えなかったのだろうが、呆れた。ただ、呆れた。
左足のすねをどこかに打ち付けたようですごく痛いが、骨が折れているような感じはない。打撲と若干の傷だけで、それ以外にはけがをしていないようなので、もういいか・・と思い、電話番号も名前も聞かなかった。(若い人だったら、念のために聞いていたかもしれないが、何か自分の田舎のおばあさんで、こんな人いたな〜と思ったら、それ以上言えなかった・・・)
しかしおばあさんも私も悪運が強い。私が大けが、あるいは死んでいれば、私だけでなく、おばあさんの人生も大きく変わる。
気を取り直して、そのまま根占方面に向かった。足は打撲で痛いけれど、逆に雨で適度に冷やされるからいいかもしれない。 などどノーテンキなことを考えながら。

〜〜長くなったので、続きは、南九州サイクリング(3)へ〜〜 

南カリフォルニア自転車合宿(16)合宿最終日は3ヶ月ぶりの雨!”恵み”の雨だけれど・・・

カテゴリ:
DSCN0771
天気予報通り、昨夜から降り続いた雨であちこちに水たまりができている。リチャードからは朝一番に「夕方5時に「LAB」で会いましょう!」とメールが来た。LABは店内で地ビールを醸造しているビアレストラン。
いくら何でもこの雨ではサイクリングはおろか散歩も無理。ロサンゼルスでは冬場に雨が集中しているらしいけれど、この雨は3ヶ月ぶりだとリチャードが話していた。新聞によると、沿岸部で1~3インチの雨、山間部で3~6インチの雨を予測しているという。ロサンゼルス郊外の地域で、1000戸に避難勧告がでていた。リチャードがこの一年程1インチくらいしか降っていないと話していたので、今回は一体何年分の雨になるのだろうか・・・
DSCN0768
ということで、今日はゆっくり朝ご飯!ここしばらくはまっているのがオートミール(写真上)
以前はまずいと思っていたので絶対に食べなかったのだけれど、昨年夏にカナダでのキャンプ&サイクリングに参加したとき、回りの人たちが毎朝美味しそうに食べていたので、恐る恐るトライしてみた。
オートミール自体にはあまり味がないのだけれど、その上にバナナやドライフルーツ、そしてナッツなどを入れ、甘みでお砂糖や蜂蜜、メープルシロップをかけて食べる。要は甘いお菓子感覚のおかゆ?!
食欲のない朝、食パンやベーグルは喉に詰まっても、これはつるっと胃の中に入っていってくれるので助かる。
DSCN0506
USでの朝ご飯の定番と言えばベーグル。昔、冬の凍り付くNYCでガチガチに冷たいベーグルを買って震えながら食べたのを思い出す。今はアジアに旅行してもベーグルを置いているホテルが多くなった。半分に割って焼き、クリームチーズとジャムをたっぷりつける。でもお腹が本当に空いていないとなかなか1個が食べきれない。
もう一つ好きなのが、ワッフル。それも自分で焼くタイプ。焼きたてにメープルシロップをかけて食べる。生地の分量を加減できるので、私はいつも少し少なめにしてカリカリに焼く。ぱりっとした食感にメープルシロップがふわっとのって美味しい。 
さて、今日は外にも出られないし、また、まったりタイムを楽しもうということで、部屋の外に「Do Not Disturb」 のタグを下げた。これから、自転車のパッキングをするかな!

いざ、伊勢参り!でも生憎の雨!

カテゴリ:
伊勢参りツーリングは本来明日20日からのはずだったけど、静岡のお友達がその20日にゴルフをしようと突然言ってきた。遠方に転勤になるので、この日しかないと。。。
基本的に人からの誘いを断らない私は、どうしたらそれが可能になるか必死にロジを考え、結局;
出発は一日早めて19日。バイク姿&輪行で焼津入りし、何食わぬ顔で20日にゴルフ。そして21日はあたかも何もなかったような顔でツーリングを続行するという、普通はやらないよな、、ということを考えた。。。(ほんと我ながら信じられない・・・)
そのためには、ゴルフクラブをゴルフ場に。ゴルフウェアは焼津のホテルに。最終ゴールの鳥羽のホテルに輪行袋を宅配便で送って、、あ〜、これなら何とかなると準備を整え、今日を迎えた。。
しかし朝から生憎の雨。 新横浜までバイクで行って、そこから新幹線。三島で降りて、田子ノ浦や三保の松原を観光ライドして、焼津に!という計画はしょっぱなから、崩れた(涙)
まあこんなこともある。で、横浜の自宅の最寄り駅まではバイクなら5分かからないので、そこまでは雨の中を走り、そこから3回乗り継いで、焼津まで行くことにした。重いけど、仕方ない。
DSC_0334
バイクは前回の中山道ライド同様、大きなサドルバックやフロントバックがついているので、通常の輪行袋は無理。ということで前輪を外しただけの嵩張る状態で電車に乗り込んだ。
本当に他のお客様の迷惑きわまりなく、、、車中では謝りまくり、エスカレータでは、皆さんに先に行ってもらい、2回乗り換えて、何とか新幹線に。
DSC01466
前輪を外しただけだと大きいので、新幹線の通路まではみ出してしまうのでは、、と恐れていたのだけど、3人がけの席の一番後ろに、すっぽりと通路に飛び出すことなく収まって一安心。
(実はこんなに大きな輪行袋で乗るのは初めてだったので、これを一番心配していた・・・)
とちゅう前輪が転がって通路をふさいでしまったので、慌てて片付け。。。
静岡から焼津までの東海道線では、私の後から乗って来たおじさまに、奥に行きたいから退いてくれ!と言われ、、またもや謝り続け、何とか焼津に到着。あ〜やれやれ。
やっぱり、走ってナンボのツーリング。雨の避難的輪行は最低。。。できるだけ輪行は避けたいと改めて思った。
ところで、今回は焼津駅徒歩1分の「くれたけイン焼津駅前」というビジネスホテルに宿泊。
できて5年経っていないらしく、新しくて気持ちいい。ビジネスホテルなので、ツインの一人使用で、一泊4700円。お風呂もあり、フロントの対応もGOOD!
そして驚いたことに、なーんと夜の8時まで、ウェルカムドリンクが飲み放題。
ビールの他に焼酎も!
DSC_0338
こんなウェルカムドリンクのサービスは海外のホテルみたいで感激。
こんなにサービスよくて良いんだろうか・・・
DSC_0339
当然、生ビールを二杯いただいてから、近所の飲み屋さんに出かけた^^。満足満足!!

このページのトップヘ

見出し画像
×